コラム

子供の歯が黄ばんでしまう原因は?どんな対策をしたらよい?

2018年06月15日 (金)
よく見ると、なんだか子供の歯が黄ばんでいるような気がする…。歯が生えてきたころは透き通るような白さの歯だったのに、いつの間にか黄ばみが出ていたら心配ですよね。歯磨きの仕方が悪いのか、何か病気でもあるのか…。不安になる方は多いと思います。子供の歯はこんなもの?それとも何かすべき?今回は、子供の歯の黄ばみの原因と対策について池田歯科がご説明します。

そもそも歯は真っ白が正しいの?

そもそも歯は真っ白が正しいの?
大人で「歯が真っ白」という人はあまり見かけませんよね。そもそも、子供の歯はみんな真っ白が当たり前かというと、実はそうとは言えません。生まれつき少し黄ばんだ色をしている子もいます。歯の色は、歯の表面を覆っているエナメル質とその内側にある象牙質というものによって見え方が決まります。
エナメル質に汚れがついたり、着色汚れがある場合に歯が黄ばんで見えることがあります。この場合は歯磨きなどで汚れをとることがとても難しく、歯医者でクリーニングをしてもらう必要があります。一方で、エナメル質はきれいなものの象牙質に黄ばみがあり、エナメル質から象牙質の色が透けて見えることで、歯が黄ばんでいるように見えることがあります。こちらの場合は、象牙質がもともと黄色味を帯びているものなので、歯本来の色と言って差し支えありません。象牙質は年を重ねるごとに段々と黄色味が増してきますし、黄ばみが酷くなってきたとしても心配はいりません。

子供の歯の黄ばみの原因とは

象牙質の本来の黄ばみが透けて見えているだけであれば、歯に異常はないので特別問題はないのですが、その他の理由で黄ばみがあるとなると、何らかのトラブルが起きている可能性があります。子供の歯はこれから一生ものになっていきますから、早い段階で適切な対処を行いたいですね。

■永久歯は少し黄ばんでいる
乳歯は青白い色をしていることが多いのですが、永久歯はもともとが黄ばんだ色をしていることが多いです。これは、先ほどご説明した象牙質が関わっていて、永久歯は乳歯に比べて象牙質の厚さが増しています。エナメル質が透けて見える色が濃くなるので、見た目には黄ばんだように見えるのです。乳歯が永久歯に生え変わる段階で、生えてきた歯が周りの歯より黄ばんでいるというのは、それが永久歯ならではの色をしているからなので安心してください。

■歯垢がついている
歯磨きの際の磨き残しなどが原因で歯の表面に歯垢が付いていると、歯が黄ばんで見えることがあります。特に、生え始めの永久歯は他の乳歯よりも短く磨きにくいので、歯垢が溜まりやすくなっています。子供の仕上げの歯磨きをするときは、生えかけの永久歯を確認して丁寧に磨くようにしてください。歯垢は毎日の歯磨きで少しずつ取り除くことが可能なので、継続的にしっかりと歯磨きをしてあげましょう。

■着色汚れ
よく、「ステイン」という言葉を耳にされるかと思いますが、歯の着色汚れのことを指します。コーヒーや紅茶による着色についてよく言われますが、ぶどうなど色素が強いフルーツやカレー、チョコレート、ソースやケチャップなど子供が好きな食べ物でも同様に着色汚れが生じます。この着色汚れは、唾液によってだんだんと固まってきて取り除くことが難しくなりますので、毎日きちんと歯磨きをして着色汚れが溜まらないようにしてください。

■虫歯
虫歯になると、歯は一度白っぽくなるのですが、虫歯が進行するにつれて黒色に変色していきます。急に黄ばみはじめたり、斑点のような模様ができていたら虫歯の可能性があります。子供の歯で虫歯を放っておくと、他の歯にも虫歯がどんどん移ってしまいますので、気が付いたら早く歯医者さんで診察を受けましょう。基本的には、1歳未満の子でも診察が可能です。

黄ばみを改善したい!対策方法は?

黄ばみを改善したい!対策方法は?
異変に気が付いたら、早期に歯医者さんで診察を受けることが大切です。虫歯やその他のトラブルだった場合は放っておくと悪化してしまったり、さらに異なる病気に発展する場合もあるので注意しましょう。もちろん、日ごろからきちんと黄ばみ対策をしておくことは重要です。毎日の歯磨き時や+αのケアで、黄ばみのないきれいな歯を保ちたいですね。

■歯磨きは基本中の基本
毎日の歯磨きは最も必要な対処方法です。丁寧に、一本ずつ磨くようにしましょう。しかし、この時にゴシゴシと力強く磨いてはいけません。ゴシゴシと磨いてしまうと、歯の表面のエナメル質まで削り取ってしまう可能性があります。エナメル質が削れると歯の表面に凹凸ができてしまうので、余計に汚れが溜まりやすくなってしまいます。

■歯に良いものを食べさせる
カルシウムを豊富に含む乳製品や小魚をおやつにしたり、リンゴ酸が含まれるりんごやイチゴをデザートにするなど、食べ物から歯を強くするという対策もあります。あまり食べる機会がないかもしれませんが、パパイヤにはパパイヤ酸というホワイトニング効果がある成分が入っているのでおすすめです。

■定期的に歯科検診を受ける
もっとも確実な方法です。数か月に一度は歯科検診を受け、歯の歯垢や着色汚れなどをきちんときれいにしてもらいましょう。この時に、子供の歯の磨き方の指導も受けておけば、毎日の自宅でのケアも効果がアップします。

サイドメニュー

ビジネスフラッシュに当院が紹介されました

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

求人情報

あなたも池田会で働きませんか?

オンライン予約

Web上からお好きな時間に利用できるオンライン初診予約を提供しています。

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめております。お問い合わせ前にご確認ください。

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 症例 | 料金 | コラム | お役立ちエリア情報 | 
| 求人情報 | インターネット予約 | よくあるご質問 | メディア掲載 | サイトマップ | 
^