お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
よくあるご質問
よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

  1. Q1.毎日、ちゃんと歯磨きをしていますが虫歯になるのはどうしてですか?
  2. Q2.歯磨きするときに血が出ます。歯医者を受診したほうがいいですか?
  3. Q3.虫歯ではないのに、冷たいもので歯がしみてつらいです。原因は何ですか?
  4. Q4.口を開けたり動かしたりすると音がなります。歯科医院で治療できますか?
  5. Q5.噛むと、前に治療したはずの歯が痛いのですが、また虫歯になったのでしょうか?
  6. Q6.歯を失ったのですが入れ歯には抵抗があります。いい方法はありませんか?
  7. Q7.部分入れ歯のバネが見えると困ります。見た目が悪くならないよい方法はありませんか?
  8. Q8.入れ歯を作ってもらいましたが、違和感が強くなかなか慣れずに困っています。解決策はありますか?
  9. Q9.大人になってからでも、矯正治療は可能ですか?目立たず矯正できますか?
  10. Q10.インプラントを考えていますが、治療中の痛みが心配です。
  11. Q11.インプラント治療期間中には普通に食事が可能ですか?
  12. Q12.インプラントは永久に持ちますか?
  13. Q13.子供の永久歯が生えてきたら黄ばんでいるようなのですが、白くできますか?

Q1.毎日、ちゃんと歯磨きをしていますが虫歯になるのはどうしてですか?

Q1

歯磨きをしているつもりでも、汚れの取り残しというのはどうしても出てきます。それが長い間蓄積すると、そこから虫歯ができてしまいます。虫歯を予防するためには、定期的に歯科医院でクリーニングを受け、ご家庭でも効率よく磨けるよう、ブラッシング指導をうけることが大切です。

Q2.歯磨きするときに血が出ます。歯医者を受診したほうがいいですか?

Q2

歯磨き時の出血がある場合、歯周病の可能性が高いと考えられます。歯周病は進行性の病気ですので、悪化する前に、早い段階で歯科医院にて状態をチェックし、必要な処置を受けることをおすすめします。

Q3.虫歯ではないのに、冷たいもので歯がしみてつらいです。原因は何ですか?

Q3

歯の知覚過敏の可能性があります。知覚過敏は、ほとんどの場合、歯の内部の象牙質が何らかの原因で露出することで起こります。原因としては歯の磨き方が乱暴すぎる、歯周病で歯茎が下がった、歯ぎしりによるダメージ、といったことが考えられますが、中には見えにくい部分に虫歯ができているケースもありますので、自己判断はせず、一度歯科医師の診断を受けることをおすすめします。

Q4.口を開けたり動かしたりすると音がなります。歯科医院で治療できますか?

Q4

口を開けた時、動かした時に音がなる原因としては、顎(がく)関節症が疑われます。顎関節症の原因は様々ですので、まずは一度状態を拝見させてください。原因によって治療のアプローチは異なりますが、適切な治療を受けることで、状態が改善することも多くあります。

Q5.噛むと、前に治療したはずの歯が痛いのですが、また虫歯になったのでしょうか?

Q5

このようなケースでよくあるのは、神経をとった治療を行って、しばらくしてから根の内部で細菌が繁殖し、膿をためてしまっている場合です。このような状態を放置しておくと、膿が広がり、顔が腫れ、強い痛みを出すこともありますので、噛むと痛くなった場合には一度歯医者を受診することをおすすめします。

Q6.歯を失ったのですが入れ歯には抵抗があります。いい方法はありませんか?

Q6

歯を補う治療法としては、入れ歯の他に、ブリッジやインプラントという治療法があります。ブリッジは、周囲の歯で失った部分を支えなければならないため、たくさん歯を失っている場合にはできないこと、また、健康な歯をたくさん削らなければならないのがデメリットです。
インプラントは単独で行うことができますので、あらゆる場合に対応が可能です。ただし、患者様の状況によっては適さない場合もございますので、まずはご相談、検査の結果、治療が可能かどうかを判断していきます。まずはご相談ください。

Q7.部分入れ歯のバネが見えると困ります。見た目が悪くならないよい方法はありませんか?

Q7

部分入れ歯のバネが見えてしまう場合、審美的に問題が出てきます。その場合、解決法としては2つの方法があります。まずは、バネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」を選んでいただくことです。この入れ歯はバネがないので、見た目に問題は起こりません。
もう1つの方法としては、インプラントがあります。インプラントなら顎の骨に固定されますので、違和感もなく、自然な使い心地が得られます。どのような方法が合っているかは、患者様のご要望、状況にも変わってきますので、まずはご相談ください。

Q8.入れ歯を作ってもらいましたが、違和感が強くなかなか慣れずに困っています。解決策はありますか?

Q8

新しい入れ歯を入れたばかりの頃は、多かれ少なかれ違和感を感じるのは普通のことです。でも、ほとんどの方は次第に馴染んで、問題なく使えるようになります。
もし違和感がいつまで経っても解消されず、苦痛を伴う場合には、保険の入れ歯ではなく、自費の金属床義歯にして入れ歯の厚みを薄くしてみると、大分違和感が解消する場合もあります。
また、取り外し式の入れ歯ではなく、顎の骨にインプラントを埋め込むという方法もあります。この方法であれば、違和感を感じることはほとんどなくなります。

Q9.大人になってからでも、矯正治療は可能ですか?目立たず矯正できますか?

Q9

大人になってからでも問題なく矯正治療は可能ですし、現在では特に成人の方向けに目立たない矯正治療法もいくつか開発されています。歯並びが悪いのを放置していると、歳を重ねるにつれてお口の健康状態を損ねやすくなり、様々な不定愁訴も起こりやすくなりますので、矯正治療が可能な方は是非とも治療をされることをおすすめします。

Q10.インプラントを考えていますが、治療中の痛みが心配です。

Q10

インプラント手術の痛みが不安、という方は多いようですが、十分に麻酔が効いた状態で行いますので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。麻酔が切れると抜歯をした後のような痛みが多かれ少なかれ出てきますが、処方する痛み止めを飲んでいただければ辛い思いをすることは通常ありませんのでご安心ください。

Q11.インプラント治療期間中には普通に食事が可能ですか?

Q11

手術後4~5日程度は、かたい食べ物を避け、やわらかいものを中心とした食事をおとりください。またお酒や喫煙も控えてください。歯肉の傷口が治って安定したら、通常通りの食事をしていただいて大丈夫ですが、インプラント部分には力をかけないように注意してお召し上がりください。

Q12.インプラントは永久に持ちますか?

Q12

ご自分の歯も同様ですが、毎日のお口のケアと、定期的な歯科医院でのメインテナンスをしっかりしていれば、インプラントは半永久的に持たせることも可能です。ただし、ケアを怠ると、インプラント周囲炎(歯周病のような状態)を引き起こし、インプラントが抜け落ちてしまうことがありますので、注意しましょう。

Q12.子供の永久歯が生えてきたら黄ばんでいるようなのですが、白くできますか?

Q13

「お子さんの歯が黄色い」と気にされる親御さんは少なくないようです。このようなご相談を受けるタイミングとしては、乳歯と永久歯が混在している時期が圧倒的に多く、乳歯がもともと青白い色をしているのに対し、永久歯は黄白色をしているため、そのギャップで黄色く見えてしまっている、というケースが多いようです。つまり、ほとんどのお子さんの場合、色はごく正常の永久歯の色であり、心配はいりません。
ただし、歯磨き不足で歯垢(プラーク)や歯石が溜まっていて、それが黄色く見えることもあります。そのような場合には適切なブラッシングや歯医者のクリーニングで解決できます。
どうしても歯の色そのものをもっと白くしたい、というような場合には、ホワイトニングという方法もありますが、成長過程のお子さんには歯への影響を考え、行いません。どうしてもご本人が気にされる場合には、成人くらいになってからホワイトニングを検討されることをおすすめします。
料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
お知らせ一覧