お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
診療内容
診療内容

口腔外科

ほほを押さえる女性

親知らず抜歯、顎関節症、外傷、粘膜トラブルも取り扱います

口腔外科とは、虫歯や歯周病の治療とは違い、歯以外のお口の内部やその周辺の問題、また、抜歯を含む外科的なものを取り扱う診療科です。

当院で行っている主な口腔外科としては、「親しらず抜歯」や「インプラント手術」、「顎関節症の治療」、「お口の嚢胞や粘膜トラブルに対する治療」「小帯切除」などがあります。

親知らず抜歯

親知らず抜歯

親しらずとは、一番前の前歯から数えて8番目に生えてくる歯で、主に思春期以降に生えてきます。でも、すべての人に生えるわけではなく、もともと備わっていない人もいれば、一生顎の骨に埋もれてずっと生えてこない場合もあります。

ただし、生えてきても他の歯と違ってまっすぐ生えてこないことも多く、そのような場合には、

  1. 虫歯や歯周病のリスクを高める
  2. 歯並びをずらしてしまう原因になる
  3. 顎関節症を引き起こすことがある
  4. 粘膜を傷つけて痛みを出すことがある

というようなトラブルを起こすことが多いため、早めに抜歯をおすすめするケースもあります。

当院では、通常のレントゲン撮影だけでなく、CT撮影を行いしっかりと診査、診断を行った上で抜歯を行いますので、安全に、そしてより短時間で親知らず抜歯を行うことが可能です。

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯を失ってしまった顎の骨に、人工の歯根を埋め込む治療方法です。インプラントは、見た目が自然で美しいだけではなく、まわりの健康な歯を削る必要がない、自分の歯と同様に噛むことができる、など多くの魅力をもつ治療法です。

もちろん、硬いものでもどんなものでも、しっかり噛めるようになり、お食事の楽しみが広がります。すでに入れ歯を入れていて入れ歯がしっくりこない、よく噛めない、という方でも、インプラントなら、まるでご自分の歯が蘇ったような感覚が得られることでしょう。

当院では、レントゲン診査だけでなく、院内でCT撮影を行い、詳しい精密検査を行った上でインプラント治療を進めていきます。骨が足りない難症例でも、当院の治療技術であればインプラントが可能になるケースも多くありますので、過去に他院でインプラント治療を断られた方でもお気軽にご相談ください。

顎関節症

顎関節症

朝起きて口が開けづらい、顎が重苦しい、顎の関節から「かくかく」「ガクガク」など音が響く・聞こえる、顎周辺が痛い、という症状を起こすのが顎関節症です。

ストレスや、やわらかいものばかり食べる食生活、歯並びの悪さなど様々なことが原因として考えられていますが、現代では長時間スマホに向かう姿勢なども加わり、かなり多くの人が顎関節症になっていると言われています。

「音がするだけだから…。」などとそのままにしておくと、だんだんと症状が悪化し、口があきづらくなったり、頭痛や肩こり、首の痛みなどを起こしたり、他にも様々な不快症状を起こすことがあります。そのため、放置はせず、早めに歯科で相談することが大事です。

お口の嚢胞や粘膜トラブルに対する治療

お口の嚢胞や粘膜トラブルに対する治療

当院では、CT撮影を行うことで、顎の骨の中の嚢胞などの診断も詳細に行うことができます。腫瘍や特殊な疾患など、個人医院で判断、対処が難しいケースに関しては、専門の医療機関を受診していただく場合もありますが、当院で対応可能なケースでは、顎の骨、粘膜トラブルにできる限り対処いたします。

小帯(しょうたい)切除

小帯(しょうたい)切除

唇や舌から伸びる水かきのようなスジを小帯と言います。

特に永久歯が生えてくる過程にあるお子さんにおいて、その小帯の位置や形に異常があり、歯並びを悪くする原因、発音を悪くする原因になっている、またはその状態を招く可能性がある場合には、その小帯の切除をおすすめすることがあります。

切除と言っても麻酔の元、痛みもなく、時間もかからない簡単な手術ですのでご安心ください。

料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
お知らせ一覧