お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
診療内容
診療内容

インプラント

インプラントイメージ

インプラント説明図

医学用語で『植立する』というのがインプラントの定義です。歯科のインプラントは、人工歯根のことで、その上にセラミックなどの被せ物をし、見た目と噛む機能を回復させます。

従来の治療法では、人工の歯をおぎなうことはできても、骨の中の歯根までは回復できませんでした。インプラントは骨の中に埋め込みますので、噛む力がしっかりと骨に伝わり、骨が痩せにくい、また周囲の歯の助けを借りずに単独で歯を回復できるので、周囲の歯にダメージを与えることがありません。

インプラントの人工歯根と骨は結合して一体化しますので、違和感もなくご自分の歯のように使うことができるのも魅力です。

※インプラントは5年の保証期間となります。(当法人規定)

インプラント治療の流れ

Step1:相談

相談イメージ

まずは、患者様のお悩みとご要望をお伺いした上で、インプラント治療についてのご相談、可能と思われる治療の説明、大まかな費用などについてご説明いたします。

Step2:検査

検査イメージ

安全にインプラント治療を行うための各種検査を行います。

1.既往歴の検査

これまでの歯科治療の経緯、歯を失った原因の検査を行います。

2.現在の歯の状態の確認

現在のお口の中の状態のチェックをします。

3.口腔内模型検査

お口の内部の型を取り、石膏で模型を作製し、顎の骨や歯茎の状態、厚みなどを調べます。

4.レントゲン検査

レントゲン写真

骨の量、骨の質、骨形態の予測をするためにレントゲンを撮影します。

5.CT検査

CT写真

骨の立体的な状態や内部の状態を詳しく知るために、CT検査を行います。

6.内科的検査

インプラント治療に支障となるような病気や異常がないかを確認いたします。必要に応じて医科の担当医に病状の問い合わせをすることもあります。

7.術後の口腔内予測

最終的に適切な補綴物(被せ物)を作るためには、どこにインプラントを埋入するのがベストか、について検討します。

Step3:診断

診断イメージ

診査の結果を踏まえて治療の方針を決定し、期間、手術法、費用などご説明いたします。疑問に思うことはどんなことでもお気軽にお尋ねください。

診断写真

通常だと骨が足りない難症例の場合でも、インプラントをする前に骨造成術(GBR)、上顎洞挙上術(ソケットリフト、サイナスフロアエレベーション)といった骨を増やす技術でインプラント治療をすることが可能です。

Step4:手術

手術イメージ

※以下は一般的なインプラント手術(2回法)の流れです。
1回法では4.の過程が省略されます。(1回法、2回法というのは、歯茎を切り開く回数です)

インプラント 工程1

インプラントを顎の骨に植えるために、歯茎を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に形成します。

インプラント 工程2

骨の穴にインプラントをねじ込み、しっかりと固定します。そして歯茎を閉じます。

インプラント 工程3

インプラントに力をかけずに、治癒を待ちます。
数ヶ月で骨とチタンが結合します。

インプラント 工程4

インプラントが骨と結合したら、人工歯を取り付けるための土台を連結し、歯茎から露出させます。
これで歯茎の形を整えます。

インプラント 工程5

お口の中の型をとり、あなたにあった仮の歯を製作します。仮の歯でかみ合わせを調整し、歯茎の治癒を待ちます。

インプラント 工程6

天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

Step5:メンテナンス

メンテナンスイメージ

治療後は6ヶ月に一度、検査とメインテナンスを行ないます。インプラントを長持ちさせるためには、定期的な検査とメインテナンスが欠かせません。
※インプラントは5年の保証期間となります。(当法人規定)

インプラント治療を飛躍的に成功させる「光機能化技術」とは?

光機能化技術によって
  • 光機能化技術イメージ
    超血液親和性の獲得
  • 光機能化技術イメージ
    細胞の引きつけと付着の増加
  • 光機能化技術イメージ
    インプラント表面の骨形成増加

臨床的効果が実証されています

成功率の向上
治癒期間の短縮
適応症の拡大
インプラント体の長さの短縮 など

骨に埋め込んだインプラント体の周囲にどのくらい骨ができているかという「骨インプラント接触率」は、インプラントがどのくらい骨にしっかりと安定して固定されるかを決める要素となります。

「光機能化技術」は、これまで40%~60%が限界と言われていた骨接触面積率を、98%以上にまで高めることができる技術です。当院では、世界でも稀なこの光機能化技術をいち早く導入し、インプラントの成功率を大幅に高めています。

ザイゴマインプラントとは?

ザイゴマインプラント イメージ

インプラントは骨に埋め込みますので、骨が十分になければ行うことができません。ですが、近年では、顎の骨が十分になくてもインプラントを行うことができる技術が開発されてきています。

その中でも、上の顎の骨が極端に少ないケース、もしくはほとんどないケースにおいてもインプラントを埋め込むことができる技術があります。それがザイゴマインプラントです。ザイゴマインプラントなら、顎の骨がなくても、頬骨にインプラントを埋めることで見た目、噛む機能をしっかりと回復することができます。

セカンドオピニオンをご希望の方へ

診察の様子

当クリニックでは、セカンドオピニオンのご依頼も受け付けております。

セカンドオピニオンとは?
現在受けている治療内容や治療方針について、主治医以外の医師に専門的な意見を求めることです。第三者の立場の医師の意見を聞くことで、ご自分が受けている治療について別な角度からも理解することができ、患者様がご自分にとって適切な治療であるかどうかを判断していただくことができます。

セカンドオピニオンでは、お持ちいただいた資料をもとに、当院の歯科医師が治療に関する専門的な立場からの意見をご提供いたします。今後の治療についてどうするか、患者様ご自身でお決めになるための参考としてください。

インプラント治療のQ&A

インプラントQ&A
  1. Q1.歯が入るまでどのくらいかかりますか?
  2. Q2.インプラント手術は痛くないんですか?
  3. Q3.骨が少ないと言われたのですが、インプラントは可能ですか?
  4. Q4.インプラントの寿命はどのくらいですか?
  5. Q5.インプラントの素材は体に安全ですか?
  6. Q6.インプラント治療に年齢制限はありますか?
  7. Q7.治療期間はどのくらいかかりますか? その間に仮歯は入れられますか?
  8. Q8.治療費はいくらくらいですか?
  9. Q9.手術後、どんなことに注意したらいいでしょうか?

Q1.歯が入るまでどのくらいかかりますか?

患者様の顎の骨の状態にもよりますが、一般的に上顎で半年程度、下顎で3か月くらいが目安です。(詳しい予想期間は診断を元に、個別にお伝えいたします)

Q2.インプラント手術は痛くないんですか?

麻酔をしっかりと効かせた状態で行いますので、通常、痛みを感じることはほとんどありません。麻酔が切れると抜歯をした時のように痛みが出てきますが、痛み止めを早めに飲んでいただくことで辛い思いをせずに済みます。

Q3.骨が少ないと言われたのですが、インプラントは可能ですか?

当院では、骨が少ない場合でも骨を増やす各種骨造成法、再生療法などにより、通常ではインプラントが難しいと判断されるようなケースでも、インプラント治療が可能です。患者様の血液から抽出した成分を使って骨の再生を促す安心・確実な技術(PRP)も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q4.インプラントの寿命はどのくらいですか?

厚生労働省の調査によれば、インプラントを入れた人の9割以上がインプラントを10年〜15年保っているという結果が出ています。このように、一般的にインプラント治療というのは、他の治療と比べて長持ちしやすいのが特徴ですが、できるだけ長持ちさせるために、毎日の丁寧なケアと定期的な歯科での検診とメンテナンスを忘れないようにお願いします。

検診・メインテナンスの際は、ブラッシング指導と歯茎や噛み合わせのチェックなどを行い、健康な口腔内環境が維持できるようにしていきます。

Q5.インプラントの素材は体に安全ですか?

インプラントは、生体親和性に優れた(体の中で非常に安定した)素材であるチタンでできています。チタンは金属ですが、非常に金属アレルギーを起こしにくいことでも知られ、人工関節などにも昔から用いられている安全な材料です。チタンのアレルギーは稀ですが、金属アレルギーがご心配な方は事前にアレルギーテストを行っていただくことをおすすめします。

Q6.インプラント治療に年齢制限はありますか?

インプラントをするのに年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。ただし、それぞれの顎の骨の状況によっては治療を受けることができない場合があります。また、歯周病の場合は、歯周病菌がインプラントに悪影響を与えることのないよう、残っている歯の治療を行ってからインプラントをすることになります。健康状態によっては治療を控えたほうが良い場合もありますので、歯科医師とまずはよく相談していただきます。

Q7.治療期間はどのくらいかかりますか? その間に仮歯は入れられますか?

治療期間は仮の歯や入れ歯を入れることで、食事や会話、見た目に問題が起きないようにすることも可能ですので、ご相談ください。

Q8.治療費はいくらくらいですか?

インプラント治療は、保険適用外ですので、自費治療となります。実際にかかる治療費は、使用するインプラントの本数や種類、かぶせる歯の材質や方法によって違ってきますので、詳しくは歯科医師とご相談していただく形になります。

Q9.手術後、どんなことに注意したらいいでしょうか?

手術後は数日、痛み・腫れといった症状が出ることがあります。いずれも処方されたお薬で症状を緩和できますので、決められた容量、回数を守って飲むようにしてください。この他にも、手術直後はなるべく安静に過ごす、かたい物を食べない、お口を清潔に保つ、タバコを控える、といったことにも注意しましょう。

料金について

※インプラントは5年の保証期間となります。(当法人規定)

インプラント治療料金表
植立(1本)アリオにて
マウスウォッシュ、歯ブラシ、インプラントジェル付
297,000円(税込)
上部構造
TEK 1本2,200円(税込)
ジルコニア148,500円(税込)
アバットメント38,500円(税込)
その他手術
PRP33,000円(税込)
GBR34,100円(税込)~
ソケットリフト110,000円(税込)~
サイナスフロアエレベーション1歯 225,500円(税込)
2歯 275,000円(税込)
3.4歯 330,000円(税込)
ソケットプリザベーション11,000円(税込)~
O.A.M11,000円(税込)~
リッジスプリット33,000円(税込)~
鎮静麻酔77,000円(税込)~
CT撮影(模型、口腔内写真)55,000円(税込)
料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
お知らせ一覧