お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
診療内容
診療内容

大人の歯列矯正器具の種類

矯正器具を掲げる女性

大人の方に大人気、目立たない矯正器具を揃えています
矯正治療を踏みとどまってしまう理由として「装置が目立つから嫌だ」という方はとても多くいらっしゃいます。当院では各種の目立たない矯正器具を取り揃えていますので、そのような方でも見た目を気にせずに、矯正治療を受けていただくことができます。

大人の矯正について

ご自分に合った矯正法を選んだいただくことができます

ラディアンス(表側矯正)

ラディアンス(表側矯正) イメージ

オーソドックスな矯正法で目立たない矯正をご希望の方に
表側矯正というのは、もっとも一般的に広く行われている矯正法で、歯の前面に装置がつき、ワイヤーを通す方法です。ほぼどんな症例にも対応することができるのが強みです。

ラディアンスは、歯一本一本につくブラケットの一種で、無色透明な単結晶サファイアでできており、まるで宝石のような輝きと透明感を持っており、着色・変色することがありません。

また独自の製造法により、強度に優れて壊れにくく、さらに滑らかな表面仕上げがしてあることで、装着時の違和感も軽減してあります。

メリット
・ほとんどの症例に対応できる
・装置が透明なので目立ちにくい
・表側矯正の中では違和感が少なめ
・費用を抑えて矯正できる
・固定式なので放っておいても歯が動く
デメリット
・近くで見ると矯正装置が見える
・取り外し式の装置に比べて違和感や痛みが強い
・食事や歯磨きが不便になる
・お手入れが悪いと虫歯のリスクが高まる
・金属アレルギーのリスクがある

マウスピース型矯正装置(インビザライン®)

マウスピース型矯正装置(インビザライン®) イメージ

装置のストレスなく、気軽に目立たない矯正をご希望の方に
お一人お一人に合ったマウスピースを装着し、段階的にマウスピースを交換していくことで矯正治療が行えるシステムです。マウスピースは薄い透明なプラスチックで、装着していても周囲に気づかれにくいのが特徴です。

食事や歯磨きの際には外していただけますので、装置がつくストレスや不便さもありません。当院では世界的にも大きな支持を得ている、アメリカのインビザラインシステムを採用しています。

メリット
・装着していても気付かれにくい
・外せるので食事・歯磨きなど、生活が不便にならない
・違和感、痛みが少ない
・虫歯のリスクを高めない
・通院の頻度が少なめ
・金属アレルギーのリスクがない
デメリット
・全ての症例に対応できるわけではない
・装着時間が短いと治療効果が現れない

リンガルシステム(裏側矯正)

リンガルシステム(裏側矯正) イメージ

装置が全く見えないのをご希望の方に
裏側矯正とは、歯の裏側にブラケットを装着し、ワイヤーを通すことで歯を動かしていく矯正システムで、舌側矯正とも呼ばれています。歯の裏側に装置がつくので、装置が表から見えることはありませんし、唾液の流れの良い部分に装置がつくので、虫歯になりにくいのも大きな利点です。

メリット
・歯の裏側に装置がつくので、外側から全く見えない
・表側矯正に比べて虫歯のリスクを抑えられる
・外から強い衝撃を受けた時に怪我をする可能性が低い
・固定式なので放っておいても歯が動く
デメリット
・発音しづらい
・歯の内側に装置が固定されるので違和感を感じやすい
・表側矯正比べて費用が高め
・金属アレルギーのリスクがある

治療期間中の通院頻度・治療期間

カレンダー イメージ

矯正治療が始まると、定期的に装置の交換のために通院していただきますが、通院の頻度はだいたい3〜4週間に1回程度です。インビザラインの場合だと、4〜6週間に1回くらいの頻度になるのが一般的です。

治療期間に関しても、ケースバイケースではありますが、全体的に矯正治療を行う場合、1〜3年くらいの幅があります。詳しい矯正期間については、詳しく診査・診断した後に決定し、しっかりとご説明させていただきます。

治療期間中にはこんなことに注意しましょう!

食事

食事 アイコン

ブラケットとワイヤーが付く矯正法の場合、装置を破損させやすい硬い食べ物、粘着性の高いものは控えるようにしてください。

歯磨き

歯磨き アイコン

インビザライン以外の矯正法は、装置周囲に汚れが蓄積しやすいので、歯磨きをより入念に行う必要があります。磨き方は歯科衛生士が個別にご指導いたしますので、その通りに行ってください。

装着時間

装着時間 アイコン

インビザラインの場合、ご自分で装着していただきます。毎日最低20時間装着しないと効果が現れなくなりますので、装着時間をしっかりと守るようにしてください。また、矯正治療後の保定装置も、つけ忘れると歯がズレてきてしまいますので、こちらも1日の装着時間を守るようにしてください。

痛み、トラブルなど

痛み アイコン

装置やワイヤーが当たって痛い、装置が外れた、というようなことがありましたら、お早めにご連絡ください。

大人の矯正とは

矯正の様子

かつては未成年が行うイメージだった矯正治療ですが、現在では治療法の選択肢が増えたこともあり、大人の方でも矯正治療を受けられ、見た目・健康改善をされる方が増えています。

大人の矯正のメリット・デメリット(注意点)

メリット・デメリット イメージ

見た目や健康の改善の面でメリットの大きい矯正治療ですが、どんな治療でもそうであるようにデメリットや注意点というのもあります。矯正治療を正しく理解し、治療を検討していきましょう。

料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
お知らせ一覧