診療内容

成人矯正の矯正器具の種類

大人の方に大人気、目立たない矯正器具を揃えています

裏側矯正

矯正治療を踏みとどまってしまう理由として「装置が目立つから嫌だ」という方はとても多くいらっしゃいます。当院では各種の目立たない矯正器具を取り揃えていますので、そのような方でも見た目を気にせずに、矯正治療を受けていただくことができます。

ご自分に合った矯正法を選んだいただくことができます

ラディアンス(表側矯正)

オーソドックスな矯正法で目立たない矯正をご希望の方に

表側矯正というのは、もっとも一般的に広く行われている矯正法で、歯の前面に装置がつき、ワイヤーを通す方法です。ほぼどんな症例にも対応することができるのが強みです。

ラディアンスは、歯一本一本につくブラケットの一種で、無色透明な単結晶サファイアでできており、まるで宝石のような輝きと透明感を持っており、着色・変色することがありません。

また独自の製造法により、強度に優れて壊れにくく、さらに滑らかな表面仕上げがしてあることで、装着時の違和感も軽減してあります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

装置のストレスなく、気軽に目立たない矯正をご希望の方に

マウスピース矯正

お一人お一人に合ったマウスピースを装着し、段階的にマウスピースを交換していくことで矯正治療が行えるシステムです。マウスピースは薄い透明なプラスチックで、装着していても周囲に気づかれにくいのが特徴です。

食事や歯磨きの際には外していただけますので、装置がつくストレスや不便さもありません。当院では世界的にも大きな支持を得ている、アメリカのインビザラインシステムを採用しています。

リンガルシステム(裏側矯正)

装置が全く見えないのをご希望の方に

裏側矯正とは、歯の裏側にブラケットを装着し、ワイヤーを通すことで歯を動かしていく矯正システムで、舌側矯正とも呼ばれています。歯の裏側に装置がつくので、装置が表から見えることはありませんし、唾液の流れの良い部分に装置がつくので、虫歯になりにくいのも大きな利点です。

矯正治療の流れ

Step1 : カウンセリング・相談

お口の状態を拝見させていただきながら、患者様の歯並びや噛み合わせで気になっていることや、ご要望をじっくりとお伺いし、治療法についてのカウンセリングを行います。また、大まかな治療費についてもご説明いたします。

Step2 : 検査

歯の状態のチェック、お口の中やお顔の写真撮影、レントゲン撮影、歯型とりなど、詳しい検査を行います。

Step3 : 診査・診断

Win Ceph という矯正治療用の分析ソフトを使い、撮影したレントゲンや写真をもとに、歯並びや噛み合わせ、骨格などの分析をコンピュータで正確に行い、診査・診断を行います。

このソフトを使用することで、患者様のデータ管理をしながら、矯正治療の進め方などを患者様によりよく理解していただくことができます。

Step4 : 治療計画の説明

診断結果をもとに、患者様に適した治療計画を作成していきます。治療方針や期間、費用や料金の支払い方法などについても詳しくご説明いたしますが、もし疑問点やご要望などあればなんでもおっしゃってください。

患者様に十分にご納得、ご理解いただけるまで説明いたします。そして最終的に治療方法や期間などを決定していきます。

Step5 : 治療開始

矯正装置を歯に装着します。最初は痛みや違和感を感じることがありますが、歯が動いていくにつれ、次第に軽くなっていきます。

矯正装置ごとに注意事項やケア方法をご説明し、矯正治療中にトラブルが起こらないようにしていきます。

Step6 : 装置の交換

矯正治療の種類にもよりますが、1ヶ月前後ごとくらいにご来院いただき、経過観察、装置の交換などを行います。

Step7 : 保定期間

歯がきれいに並んだら歯を動かす治療は終了です。ですが、そのままにしておくと歯が後戻りを起こしてしまうため、歯が元の位置に戻らないようにする「保定装置(リテーナー)」を装着していただきます。保定を行う期間は矯正治療にかかった期間と同程度です。

その後も歯がズレてきたりしないかどうか、定期的に経過観察を行っていきます。

治療期間中の通院頻度、治療期間について

カレンダー

矯正治療が始まると、定期的に装置の交換のために通院していただきますが、通院の頻度はだいたい3〜4週間に1回程度です。インビザラインの場合だと、4〜6週間に一回くらいの頻度になるのが一般的です。

治療期間に関しても、ケースバイケースではありますが、全体的に矯正治療を行う場合、1〜3年くらいの幅があります。詳しい矯正期間については、詳しく診査・診断した後に決定し、しっかりとご説明させていただきます。

治療期間中にはこんなことに注意しましょう!

食事

ブラケットとワイヤーが付く矯正法の場合、装置を破損させやすい硬い食べ物、粘着性の高いものは控えるようにしてください。

歯磨き

インビザライン以外の矯正法は、装置周囲に汚れが蓄積しやすいので、歯磨きをより入念に行う必要があります。磨き方は歯科衛生士が個別にご指導いたしますので、その通りに行ってください。

装着時間

インビザラインの場合、ご自分で装着していただきます。毎日最低20時間装着しないと効果が現れなくなりますので、装着時間をしっかりと守るようにしてください。また、矯正治療後の保定装置も、つけ忘れると歯がズレてきてしまいますので、こちらも1日の装着時間を守るようにしてください。

痛み、トラブルなど

装置やワイヤーが当たって痛い、装置が外れた、というようなことがありましたら、お早めにご連絡ください。

≫成人矯正とは
≫成人矯正のメリット・デメリット(注意点)
≫成人矯正の矯正器具の種類

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

理事長紹介

設備紹介

理事長紹介

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 料金 |求人情報
 | インターネット予約 | よくあるご質問 | サイトマップ | プライバシーポリシー
^