診療内容

八重歯の歯列矯正の方法と治療期間は?

八重歯は、もともと尖った犬歯が目立っている状態のこと。歯の位置がずれたことによって起こります。ときにはチャームポイントとして、日本では好意的にみられることもありますが、人によっては重度な八重歯で歯列矯正を考えている人もいることでしょう。今回は、そんな八重歯と歯列矯正について解説していきます。

八重歯になる原因

あごの骨のレントゲン写真
なぜ人は八重歯になってしまうのでしょうか。八重歯になる人とならない人の違いはどこにあるのでしょう。八重歯の歯列矯正を紹介する前に知っておきたい、八重歯になる3つの主な原因を紹介します。

■あごの骨の発達不足


あごの骨の発達を左右するのが、噛むことです。よく噛む習慣は、あごの骨の発達を助け、さらには良い歯並びにも関係してきます。あごの骨の発達により、口内のスペースが十分に確保され、永久歯がしっかりと生えてくるためです。

しかし、現代の食は、昔と比べてやわらかいものが増え、しっかり噛む習慣がなくなってきています。その結果、成長期の子ども時代にあごの骨がしっかり成長せずに、歯並びが悪くなり、八重歯になってしまうのです。

■歯が大きい


あごの骨の発達だけでなく、歯の大きさも八重歯に関係してきます。いくら、あごの骨が発達して歯の生えるスペースがあっても、1つ1つの歯が大きければ、たちまち口の中のスペースを圧迫してしまうためです。

実は、あごの骨の発達不足同様に、食の変化が歯の大きさに関係していきます。歯の大きさは、カルシウムなど歯の成長に良い成分の摂取によるものですが、あごの骨の発達不足と合わさって、さらに八重歯が作られやすい状況を生み出していると言われています。

■犬歯が生えるタイミングが遅い


そして、もうひとつ八重歯には原因があります。それは、八重歯で目立つ犬歯が、ほかの歯に比べて成長のスピードが遅いことです。ほかの歯と一緒に生えてくれば良いのですが、犬歯が生えるタイミングが遅いばかりに、犬歯は何とかほかの歯の間で成長しようとします。

このように、犬歯が無理に成長しようとした結果、歯の位置がずれるなど、八重歯になりやすい状態ができます。

八重歯の治療方法

抜歯をする歯科医の手
なぜ八重歯になるのかというお話をしてきましたが、八重歯になったら諦めなければならないのでしょうか。実は、八重歯になっても、歯列矯正などの手段で治療できます。八重歯を治す3つの治療方法を詳しく見ていきましょう。

■抜歯


健康な歯を一部、抜歯によって取り除いてしまう方法です。実際には、健康な歯を2~4本程度抜きます。歯を抜いたことによってできたスペースを使い、残りの歯を寄せて歯並びを良くするのが狙いです。

ただし、抜歯になるケースはそれほど多くなく、八重歯の程度がよっぽどきつい場合などに行われます。目で見て八重歯がひどくない場合は、別の治療から始まることも多いです。抜歯は、八重歯治療の最終手段のようなものと考えておいて問題ないでしょう。

■歯列を広げる


あごの大きさを見て、まだ拡張できるようなスペースがある場合、歯列を広げる歯列矯正が行なわれることがあります。歯列を広げて、歯が入るスペースを広げ、八重歯を改善していこうという治療方法です。

実際には、歯全体に一定の力を加えるため、マウスピースを装着しての治療になります。マウスピースというと、ずっと装着しなければならないものもありましたが、付け外し可能なマウスピースも登場しています。

歯科医の指示に合わせて装着しますが、食事中や歯磨きの時など外しても良い場合もあります。また、歯列矯正可能な範囲なら抜歯まで至らずに治療できます。

■歯を小さくする


抜歯が必要なほどの八重歯でない場合は、歯自体を削って小さくする治療法もあります。削るといっても、歯としての機能が十分に使えるようにわずかに削る程度で、大きく削ることはまずありません。歯を削って調整することで、歯の横幅を縮め、八重歯を目立たなくさせます。

削るといってもわずかなので、抜歯のような痛みはなく、歯を削ったことを理由に虫歯になることも基本的にありません。

八重歯の治療期間

カレンダーと手帳とペン
ここまで歯列矯正をはじめ、八重歯の治療について紹介してきましたが、なんとなく八重歯の治療は時間がかかりそうなイメージはないでしょうか。実際、どのくらい治療に時間がかかるのか、軽度の場合と通常の八重歯の治療の場合に分けて紹介します。

■軽度の八重歯の場合


軽度の八重歯であれば、全体的に歯列矯正する必要はありません。前歯の部分のみの矯正になります。この場合、治療にかかる期間は早くて数ヶ月です。なお、数ヶ月というのは永久歯の生えた人の場合で、子どもの場合は軽度でも1~2年ほどの期間を要することがあります。

■通常の八重歯の矯正治療の場合


八重歯の軽度な治療に関しては数ヶ月でも完了することがありますが、治療には1~2年ほどかかるのが通常です。しかし、治療期間が長いとそれだけ通院頻度も高くなります。

定期的に時間が取れれば問題ありませんが、仕事を持つ大人の場合は都合が合わないこともあるでしょう。そうした時間的な都合を考えれば、通院が2~3カ月に1回で済むマウスピースを利用するのも方法のひとつです。

マウスピースであれば、治療後も年に1~2回はメンテナンスを実施してもらえます。歯列矯正の後で完全に戻ることはほぼありませんが、人によっては矯正後に多少歯が戻ることがあります。

そうした場合、治療をせずにマウスピースのメンテナンスによって、矯正後の歯の戻りをある程度抑えることも可能です。

まとめ

軽度な八重歯から重度な八重歯まで、その原因と治療方法についてお話ししてきました。八重歯のせいで歯がガタガタに見え悩んでいる人でも歯列矯正は可能です。

実際の八重歯の程度、歯やあごの骨の状態によっても治療方法は変わってきますが、おおむね1~2年といで治療が完了するのも大きいでしょう。場合によっては、数カ月で治療が終わることもあります。

酷い八重歯だからとあきらめずに、まずは歯列矯正を扱う専門の歯科などで相談してみてはいかがでしょう。もしかすると思ったよりも重度ではなく、マウスピースなどより負担の少ない方法で治療できるかもしれません。

池田歯科クリニックでは、患者様の症状に合わせた様々な矯正方法を提案しています。
最新の技術を取り入れた先進医療なら、池田歯科クリニックで。

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

理事長紹介

設備紹介

理事長紹介

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 料金 |求人情報
 | インターネット予約 | よくあるご質問 | サイトマップ | プライバシーポリシー
^