お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
診療内容
診療内容

マイクロスコープと
歯科用CTを用いた精密治療

マイクロスコープ

歯をなるべく削らない!歯の寿命をより長く!を可能にします

歯の治療はどこでしても大して変わらない、と思っていませんか?もちろん歯の治療というのは、治療を行う歯科医師の技術によって治療結果が変わってきますが、そのほかにも大事なこととして、歯科医師の治療に対する考え方、そしてそれに伴う設備によってもその後の歯の寿命が変わってきます。

当院では、歯をなるべく削らない、抜かない治療、そして安全で成功率の高い治療を可能にするために、マイクロスコープと歯科用CTを導入しています。

「なるべく削らない」治療を大切にしています

なるべく削らない治療を大切にしています

削らないことでたくさんのメリットがあります

近年では、歯は削れば削るほど弱くなり、早くダメになることがわかってきました。もちろん、そうは言っても悪くなってしまった部分は取り除かなければなりません。ですが、当院ではマイクロスコープや歯科用CTを取り入れ、できるだけ細かい部分が見えるようにし、削らない治療を可能にすることで、歯の寿命を延ばせるようにしています。

削らないメリット
<歯の神経を守ることができる>
歯をなるべく削らないことで、歯の神経を極力守ることができます。
<できるだけ自然な見た目を生かせる>
ご自分の歯をなるべく削らないことで、詰め物を小さくでき、自然な見た目を生かすことができます。
<歯が折れるリスクを減らせる>
歯の厚みを極力温存できるので、歯が折れるリスクを減らすことができます。
<歯を長持ちさせられる>
歯をしっかり残すことで、虫歯が再発したとしても歯を失うリスクを減らすことができます。

マイクロスコープ で細部まで見える!

マイクロスコープ

「よく見える」ので難しい治療も成功率が高まります

マイクロスコープというのは、医療用の顕微鏡のことです。歯の治療というのは、非常に細かい部分、そして根の奥など見えにくい部分を扱うこともある治療ですので、肉眼で治療を行うと、精密に行えない場合があります。実際に脳神経外科や眼科、心臓外科などの分野ではマイクロスコープを使った治療というのは常識になっており、歯科でも精密な治療を行うのであれば、当然マイクロスコープが必要となってきます。

肉眼で見えないところもハッキリ見ながら治療

マイクロスコープ
マイクロスコープを使えば、肉眼の6~32倍程度に拡大して見ることができるため、悪い部分のみをピンポイントで取り除くことができ、従来であれば無駄に削られすぎていた部分を確実に残すことができます。

マイクロスコープが活躍する治療

マイクロスコープ
マイクロスコープによる治療は、お口の健康診断、虫歯治療、根管治療(根の治療)、歯周病治療、口腔外科、インプラント治療など、いろいろな分野で活躍します。当院では質の高い、精密な治療を行うために、マイクロスコープを最大限に活用しています。
マイクロスコープのメリット
<治療の成功率が高まる>
悪い部分がハッキリと見え、解決できるので、治療の成功率が高まります。
<削る量を最小限に抑えられる>
汚染された部分のみを削ることが可能なので、削りすぎることがありません。
<精度の高い治療>
肉眼で見えない不具合も見えるので、詰め物や被せ物の適合をよくすることができ、虫歯の再発を防ぎます。
<歯の寿命を延ばせる>
治療の質が高くなり、歯をあまり削らずに済むので、歯の寿命が長くなります。

歯科用CTで安全・確実な治療

歯科用CTで安全・確実な治療

骨の状態が立体的にわかるので、治療を正確に、安全に行えます

歯科用CTは、従来の歯科用レントゲンでは見ることができなかった骨や歯の立体的な状態を見ることができます。その結果、以前では詳細に知ることのできなかった歯や骨の状態を正確に診断することができ、確実で安全な治療を行うことができます。

従来のレントゲンではきちんと治療できないの?

従来のレントゲンではきちんと治療できないの?

歯科医院で通常よく行うレントゲン写真は、平面的なものです。虫歯治療など、歯科用レントゲンだけである程度十分な診断ができる場合もありますが、骨の奥行きや内部の情報が必要な治療(抜歯やインプラントなど)や、歯根の形や状態を知りたい根の治療においては、レントゲンの情報だけでは不十分で、治療が正確に行えなかったり、思わぬ事故が起こったりすることがありました。

当院では、全ての治療を正確に、安全に行うために歯科用CTを様々な治療に活用しています。

歯科用CTがあるメリット
<治療の成功率が高まる>
骨の状態、歯の形の情報を詳しく確認できるので、治療の精度が高まり、成功率も高くなります。
<治療のトラブルや事故を避けられる>
骨の内部の血管や神経などの位置も詳しく知ることができるので、大事な器官を傷つけるトラブルを避けることができます。
<高画質・低被曝>
歯科用CTは医科のものに比べて、撮影範囲を絞ってクリアに、また線量をかなり抑えた撮影が可能です。
<他の医療機関へ行く必要がない>
院内でCTの撮影ができますので、CT撮影のためにわざわざ他の医療機関に行っていただく必要がありません。
料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
お知らせ一覧