コラム

今日からおやつは果物に!歯にとって万能な果物の凄さ!

2017年09月1日 (金)
「お菓子を食べると虫歯になる」というセリフは、今も昔も歯医者さんが口を酸っぱくして言い続けているセリフです。
それでも、甘いお菓子を食べてストレスを和らげたい!癒されたい!と思い、ついついお菓子に手を伸ばしてしまう人は多いのではないでしょうか?
そんな人にオススメしたいのが果物です。
果物はお菓子と同じで甘いですが、虫歯になるリスクは圧倒的に低いです。
そこで、今回はお菓子が虫歯になりやすい理由と果物が虫歯になりにくい理由を池田歯科がご説明します。

そもそもなぜ虫歯ができるのか?

そもそもなぜ虫歯ができるのか?
まずは、ざっと虫歯ができる過程を説明します。
食べ物を口に入れた時、食べ物に含まれるスクロースという「糖」の一種を、口の中にいる虫歯菌が分解しようとします。この虫歯菌が糖を分解する際、酸が作られます。この酸をちゃんと洗い流さないと歯に張り付き虫歯になってしまうのです。

お菓子が虫歯になりやすい理由とは?

甘いお菓子にはスクロースが多く含まれています。そのため、口の中で酸が大量に発生してしまうため虫歯になりやすいのです。
また、飴やグミ、チョコレートなどのお菓子は歯にくっつきやすい物が多いです。そのため、歯ブラシでちゃんとブラッシングしたつもりでも、完全には酸を洗い落とすことは難しいのです。

なぜ果物は虫歯になりにくいのか?

なぜ果物は虫歯になりにくいのか?
「果物も甘いものが多いからスクロースもお菓子同様に多いんじゃないの?」
と思われた方も多いと思います。
しかし、「糖」にはスクロース以外にもフルクトースやグルコースなどあります。
確かに、果物にはスクロースは含まれています。しかし、フルクトースやグルコースなども含まれています。そのため、甘さはあっても虫歯になるリスクはお菓子より圧倒的に低いのです。

また、果物はお菓子とは違い、歯にくっつくことはありません。
「さっき食べた苺が歯にくっついてなかなか取れないな……」
という経験をしたことはありますか?
恐らく「ない」と答える人がほとんどでしょう。(例外的にバナナは粘り気があるので、歯にくっつきやすいです。)
つまり、果物は甘いのに虫歯になりにくい、おやつにとって万能な食材と言えます。

果物は果物でもドライフルーツはダメ

上述したように、果物は虫歯になりにくいですが、ドライフルーツやコンポートだと話は別です。ドライフルーツやコンポートは、スクロースが凝縮するように加工されています。また、粘り気が通常の果物と違いとても高いです。
近年、コンビニやスーパーでドライフルーツやコンポートを見かけることが多くなりました。しかし、虫歯ができやすいかできにくいかという見方をした場合、お菓子と同様あまりオススメできません。

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

理事長紹介

設備紹介

理事長紹介

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 料金 |求人情報
 | インターネット予約 | よくあるご質問 | サイトマップ | プライバシーポリシー
^