お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
歯科コラム
歯科コラム

生え変わり時期はいつ?子供の永久歯の生え方は?

子供の乳歯は、体の成長にともない6歳ごろから12歳ごろにかけて大人の永久歯へと生え変わっていきます。その時期は、お子さん一人一人によって個人差があります。永久歯になるとかむ力が強くなるのでいろいろな食べ物を楽しんで食べられるようになるのです。
とはいっても、うちの子の歯の生え変わりが早いんじゃないか、遅いんじゃないかと親御さんとしては心配になりますよね。子供の歯の生え変わりについて池田歯科と一緒に詳しく見ていきましょう。

乳歯から永久歯への生え変わり時期

乳歯から永久歯への生え変わり時期
子供の歯の生え変わりは、6歳のお誕生日を迎える頃からはじまります。赤ちゃんの頃から生え始めた乳歯は、2歳半から3歳半ごろに20本全てが生え揃います。顎の成長にともなって乳歯が抜け、12歳ごろまでの間に28本の永久歯が生え揃うのです。
子供の成長に個人差があるように、歯の生え変わり時期もいろいろです。最初の乳歯がぐらぐらしてくるのが6歳の前後2年くらい(4歳から8歳あたり)に起これば、時期について心配することはないでしょう。

生え変わりが早すぎると歯並びが心配?

あまり早く歯が生え変わると永久歯の歯並びを心配されるケースがあります。お子さんの歯の生え変わりの時期が早いからといって、必ず歯並びに影響するものではありません。お子さん一人一人のタイミングで永久歯の準備が整ってから生え変わるのです。心配であれば、顎のサイズを確認してみてください。顎に永久歯が生えるための充分なスペースが用意されているのならば、歯並びに影響を与えることはないでしょう。
しかし、顎のサイズが小さくても永久歯が生えてくることがあります。永久歯が生えるためのスペースが無いため歯の生え方が斜めに生える、倒れて生えるようなこともあるのです。しばらく様子をみていると顎の成長が追い付いて歯並びが整うことがほとんどなのです。
歯科医院では、床矯正といって装置をつけて顎を広げる矯正治療を受けることができます。心配な場合は、一度歯科医院で相談してみると良いでしょう。

生え変わる時のトラブル

生え変わる時のトラブル
歯の生え変わり時期の気になることとして乳歯が抜けたのになかなか永久歯が生えてこないことがあります。何か問題があるのではないかとやきもきしますが、3カ月程度であればほとんど問題ありません。
特に上の前歯は、乳歯が抜けてから時間がかかることが多いです。前歯が抜けたお子さんの顔はユーモラスでかわいいものと思って見守りましょう。しかし、半年経っても永久歯が出てこない場合は、乳歯の下に永久歯がない、余分な永久歯があって邪魔をしているというようなケースもあるので歯科医院でレントゲンを撮ってもらい歯茎の中の状態を確認してもらいましょう。
料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
お知らせ一覧