コラム

歯周病が原因で顎関節症になるって本当!?

2017年05月15日 (月)
歯周病といえば歯が抜け落ちてしまう歯茎の病気、顎関節症といえば口が開かなくなってしまう顎の病気として知られていますよね。一見歯周病と顎関節症には何も関わりがないように感じますが、この2つの病気は大きく関連しています。実は歯周病になって治療を行わずに放置していると顎関節症になってしまうことがあるのです。

歯周病の原因

歯周病の原因
成人男女の約80%が発症しているとも言われている歯周病。歯周病になってしまう一番の原因は細菌のかたまりであるプラークです。プラークは食べ物と口の中にいる細菌によって作られます。プラークは歯の表面や歯と歯茎の隙間に付着しており歯ブラシで落とすことが出来ます。しかしプラークは、磨き残しなどで十分に落とすことが出来ずに留まってしまうと毒素を作ります。この毒素が歯茎の炎症や骨を溶かしてしまう原因となるのです。

顎関節症とは?

顎関節症とは、食べ物をあまり噛まないことなどで顎の筋肉が弱まり、顎が退化していることが一番の原因とされており、現代病と言われています。顎関節症の症状には顎を動かした時の顎や顎周りの痛みや雑音など様々な症状があります。顎関節症が重症化すると口が開かなくなってしまったり、明らかな顔の変形が起こったりしてしまいます。では歯周病と顎関節症にはどのような関係があるのでしょうか。

顎関節症と歯周病

顎関節症と歯周病
歯医者さんで治療を受けた後に違和感があると食べることが億劫になったり、片方でばかり食べ物を噛んでしまいますよね。これと同じように、歯周病により歯が支えを失ってしまったり、歯自体を失ってしまうと噛む力が弱まります。噛む力が弱まると顎はバランスを保とうと不自然な位置で噛むようになります。これが歯周病が原因で顎関節症になってしまうメカニズムです。

歯周病になると必ず顎関節症になるの?

歯周病は一度なってしまうと完治することは出来ません。しかし、歯周病の進行を抑えたり改善することは出来るのです。また必ずしも、歯周病になって歯が抜けていたり歯がグラグラしていると顎関節症になるというわけではありません。歯医者さんでしっかりとした歯周病の治療と歯を失った部分への処置を受けることで歯周病による顎関節症を防ぐことは出来ます。

毎日正しい歯磨きを!

近年では、歯周病は顎関節症だけでなく全身につながる病気との関係も歯科学会で大きく取り上げられています。歯周病にならない、歯周病の進行を抑えるためには毎日の正しい歯磨きが一番の近道です。「歯医者さんへ行っているから大丈夫」「治療が済んだからもう平気」と思わずに、自分の歯の健康は自分で保ちましょう。

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

理事長紹介

設備紹介

理事長紹介

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 料金 |求人情報
 | インターネット予約 | よくあるご質問 | サイトマップ | プライバシーポリシー
^