コラム

矯正歯科治療をしたら歯のクリーニングでステイン汚れや虫歯予防をしましょう

2017年06月1日 (木)
矯正歯科治療を始めると、1~2年程度は矯正装置をつける必要があります。矯正歯科治療で最も使用される、ワイヤーを使った矯正装置は凹凸のある複雑な構造をしているため、食べ物や虫歯や歯周病の原因となる歯垢が溜まりやすくなってしまいます。矯正装置を付けている人の為の歯ブラシを販売している歯科医院もありますが、奥歯や舌側の汚れがきちんと落ちているのか自分ではなかなか確認することができません。そこで、矯正歯科治療を行っている人に是非行ってほしいのが「PMTC」です。

歯医者さんで行う「PMTC」とは?

歯医者さんで行う「PMTC」とは?
PMTCとは簡単に言うと、歯のクリーニングを歯医者さんで行うことです。PMTCは自分の歯ブラシでは落とすことが難しい歯垢や歯石などの歯の汚れを歯科医院で専門器具を使って落とします。PMTCは矯正歯科治療中の人でも受けることが出来ます。PMTCでは自分が磨けていない部分に気付くことができ、磨けていない部分の歯ブラシの当て方なども教わることが出来ます。

PMTCは歯を白くする効果も!

ステインは食べ物や飲み物の色素が歯の表面に付着し、歯の黄ばみの原因となります。矯正装置の周りには歯ブラシでは落ちないステインが付着しやすくなっています。PMTCでは頑固なステインを落とすことが出来るため、矯正歯科治療を行っていても歯を白く見せることが出来ます。本来よりももっと歯を白く見せたい場合は矯正歯科治療と同時に行えるホワイトニングもお勧めです。

PMTCを行った方が良い理由

PMTCを行った方が良い理由
PMTCへ行った際、自分では気付かない虫歯や歯周病が見つかることがあります。矯正歯科治療中の場合、あまりにも病気が進行していると一旦矯正歯科治療を中断しなければならないこともあります。また、矯正歯科を専門としている歯医者さんでは一般的な歯の治療を行っていない歯科医院もあります。この場合、矯正歯科治療を行っている歯医者さんとは別に、違う歯医者さんへ通う必要があります。

PMTCへ行く頻度は?

PMTCへ行く頻度は3カ月に1回です。PMTCを行う場合、保険適用外の治療となることがありますが、中には矯正装置の交換を行う際に同時にPMTCを行ってくれる歯医者さんもあります。PMTCを終えて歯が綺麗な状態の後にフッ化物を歯医者さんに塗ってもらうと歯を強くして虫歯予防となるので、こちらもお勧めです。

PMTCでより良い口腔状態を保とう!

いかがでしょうか?通常のお口の状態の場合、どんなに綺麗に歯を磨けている人であっても約20%の汚れが残ってしまいます。矯正歯科治療を行っているとやはり磨き残しは増えてしまいます。虫歯や歯周病が原因で矯正歯科治療が長引いてしまうのは嫌ですよね。口腔状態を良く保ち、矯正歯科治療をいち早く終わらせる為には歯のクリーニングはとても重要なことです。

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

理事長紹介

設備紹介

理事長紹介

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 料金 |求人情報
 | インターネット予約 | よくあるご質問 | サイトマップ | プライバシーポリシー
^