• LINEで予約もできます!
    line予約
  • お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
歯科コラム
歯科コラム

インプラントって体に安全?金属アレルギーの人でも大丈夫?

歯のインプラントは、あごの骨に埋め込むので、体にとって安全なのか気になる方も多いのではないでしょうか。また、人工歯根は金属なので、金属アレルギーが心配、という方もおられるでしょう。

今回は、インプラントの体に対する安全性についてご紹介します。

インプラントの「チタン」は体に親和性の高い素材

implant_metalallergy_02

一般的に使用されているインプラントはチタンという金属が素材になっています。金属というと錆びる、重いといったイメージがあるかもしれませんが、チタンは錆びず、軽量で強度に優れています。

また、生体に親和性が非常に高い材料としても知られており、人工関節などや、金属アレルギーを起こしにくいピアスなどにも使われています。

チタンは骨と結合して一体化する

チタンは、骨と結合して一体化する性質があります。そのため、あごの骨に埋め込んだインプラントは、しっかりと骨にくっつき、まるで自分の体の一部になったような感覚が得られます。

金属アレルギーがあっても大丈夫?

implant_metalallergy_01

歯科金属によるアレルギーが問題になることがありますが、通常、銀歯など、歯科治療に使われる金属というのは、ニッケル、クロム、コバルト、銅、インジウム、イリジウム、パラジウムといったものです。

これらの金属は、唾液に溶け出すことでアレルギーを起こすリスクがありますが、チタンは材質的に安定していて、唾液に溶け出すこともないので、金属アレルギーを起こすリスクは非常に低いことで知られています。それゆえ、体に埋め込まれる材料としても医療の現場で多く使用されているのです。

ただし、ごく稀なケースでチタンアレルギーを起こす人がいることも報告されているので、もし金属アレルギーが心配な人は、念のために一度パッチテストを受けてみることをおすすめします。
パッチテストは皮膚科で受けられますので、歯科医師に事前に相談しておくと良いでしょう。

もしもインプラント後に金属アレルギーが起こった場合

インプラントを埋め込んだ後に金属アレルギーが疑われるような症状が起こった場合、まずは歯科で相談してみましょう。万が一、パッチテストをしてみてチタンアレルギーがあると分かった場合には、インプラントを撤去する必要が出てきます。

インプラントを除去することになった場合の代替案としては、金属を使用しないセラミックのブリッジや、金属を使用しない入れ歯という選択肢があります。

ですが、せっかく埋めたインプラントを取り除くのは、せっかくかけた費用が無駄になってしまいますので、すでに金属アレルギーがある、という方で心配な方は、あらかじめパッチテストを受けておくことをおすすめします。

料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

zip出演

池田会のイースト21デンタルオフィス 歯科衛生士 小林が「歯の磨き方をプロが伝授」で出演いたしました。

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
ニューヨーク大学卒後研修短期留学プログラム