コラム

口内炎を治して予防!おすすめのビタミン摂取方法

2018年01月1日 (月)
口内炎になってしまうと、とにかく何を食べても、時にはお水を飲むだけでも痛むこともあって、嫌になりますよね。そんな厄介な口内炎は1日でも早く治したいですし、この先口内炎にならないに越したことはないでしょう。「口内炎にはビタミンが効く」ということは、聞いたことがある方もいるかと思いますが、より効果的なビタミンの取り方はご存知ですか?

ビタミンB2が効く

ビタミンB2が効く
ビタミンには多くの種類がありますが、口内炎に効くビタミンといえば、ずばり、ビタミンB群です。ビタミンB群は肌や粘膜を守る効果があります。特にビタミンB2は口内炎に有効です。このビタミンB2は、脂質をエネルギーに変えて口内の粘膜の代謝を促し、口内炎の発生を抑えたり早期治癒するはたらきがあります。また、早く治すには、ビタミンB6の摂取も必要です。ビタミンB6が不足すると皮膚炎や口内炎になりやすくなってしまいます。
他には、粘膜を保護する働きのあるビタミンAや、美容に効くことで有名なビタミンCも摂取するとよいでしょう。どれか1種類をたくさんとっても効果はなく、食事でバランスよくとりいれることを心がけましょう。

ビタミンB2、B6はこの食品に豊富!

ビタミンB2は、うなぎや青魚、レバー、納豆などに多く含まれていて、ビタミンB6はレバー、バナナ、カツオ、鶏のささみなどに含まれています。
上でお話したようなビタミンを摂取していれば、口内炎にならないということではありません。口内炎は体の免疫力が低下している時にできやすいので、バランスよく栄養をとることは必要不可欠です。
ビタミンは体でつくることができない上に、1度にたくさん摂取しても蓄積しておくことが難しい栄養素なので、習慣的に摂取するとよいでしょう。

効率よく摂取するには?

効率よく摂取するには?
栄養のバランスはわかっていても、加工食品や外食で食事を済ましてしまう場合にはなかなかそうはいかないことも多いかと思います。不足している栄養素は、マルチビタミンなどのサプリメントを利用するのもよいでしょう。口内炎になりやすいという方は、慢性的にビタミン不足になっている可能性があるので、意識的に摂取するようにしてみてください。
また、ビタミンの摂取を心がけていても、アルコールやタバコなどと同時に摂取していてはせっかく取り入れたビタミンが吸収されずに奪われてしまいます。口内炎を刺激するような、糖分の多い物、辛い物なども控えた方いいでしょう。
それでもひどい口内炎になってしまってなかなか治らない場合は、自分で刺激せずに池田歯科に診てもらいましょう。

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

理事長紹介

設備紹介

理事長紹介

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 料金 |求人情報
 | インターネット予約 | よくあるご質問 | サイトマップ | プライバシーポリシー
^