• LINEで予約もできます!
    line予約
  • お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
歯科コラム
歯科コラム

詰め物とか被せ物って何年くらい持つの?

詰め物や被せ物、できれば長く、できれば一生持ってもらいたいものですが、多くの場合、ずっと持つということはなく、いずれやり直しが必要になるという経過をたどります。

今回は、詰め物や被せ物がダメになってしまう理由、そしてどのくらい持つものなのか、ということについてご紹介していきます。

被せ物・詰め物はなぜダメになってしまうのか?

kabusemono_01

被せ物や詰め物がダメになってしまう原因として、次のようなことが挙げられます。

1.劣化

詰め物・被せ物の素材自体が劣化して破損してしまう場合、接着剤が劣化して外れてしまう場合です。

2.虫歯

お口の口腔ケアが不十分で、内部や周囲から虫歯になってしまうと、例え詰め物・被せ物の状態がよくても外してやり直す必要があります。

3.力のかかりすぎ

特に歯ぎしりや食いしばりなどによって集中的に力がかかってしまうと、外れたり壊れたりしてしまうことがあります。

被せ物・詰め物はどのくらいもつ?

被せ物や詰め物などの人工物がどのくらい持つのか、というのは、その材質によっても大きく違いますし、お口の中の衛生状態や力のかかり具合などのお口の環境によっても左右されます。

ですが、一般的には、セラミックなどの自費の材料の方が質、耐久性ともに優れており、保険のものよりも長持ちする傾向があります。

どのくらい持つか、ということについては、様々な調査が行われていますが、一般的に、詰め物や被せ物などの人工物の平均使用年数はおおよそ次の通りです。

◆保険の詰め物・被せ物の場合

・銀歯(詰め物・被せ物)・・・5〜7年程度
・プラスチックの詰め物・・・5、6年程度
・銀歯のブリッジ・・7、8年程度

◆自費の詰め物・被せ物の場合

セラミックに関しては、詰め物でも被せ物でもブリッジでも一般的には長持ちし、大体10〜15年くらいは持つのが通常です。また、セラミックは現在でも次々と新しい材料が開発され、耐久性に優れたものが出てきているため、ブリッジなど特に強度が必要なものであっても、金属を使わずに作れるようになっています。

以上のように、どの材料を使うかで詰め物、被せ物の寿命というのは変わってきますが、どの材料を選択するにしても、できるだけ長持ちさせるためには、意識して毎日のご家庭でのお手入れや、歯科の定期検診、メインテナンスをしっかりとやっていくことで、長持ちさせることも可能です。ぜひ参考にしてみてください。

料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

zip出演

池田会のイースト21デンタルオフィス 歯科衛生士 小林が「歯の磨き方をプロが伝授」で出演いたしました。

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
ニューヨーク大学卒後研修短期留学プログラム