お電話 03-5626-1250
電話 03-5626-1250
歯科コラム
歯科コラム

歯の寿命を延ばす!80歳になっても老化に負けない歯を作る方法

年をとっても自分の歯で食べられると食事を楽しめますよね。

8020運動は、80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという運動です。自分の歯が無くなると入れ歯やインプラントをすることになります。それだけではなく、歯並びの全体のバランスが崩れて出っ歯になる、歯並びが悪くなることもあるんです。人と会っても歯を見せたくないので口を隠すようになり、入れ歯を外すのが恥ずかしいからと旅行にも行けなくなり、行動が消極的になってしまうことにもなりかねません。

では、歯を保つためには何をしたらいいのでしょうか。池田歯科と一緒に歯の寿命を延ばす方法を見ていきましょう。

歯の寿命の現状

歯の寿命の現状

日本人の歯の寿命は、短いといわれています。では、実際に70歳の時には、どのくらいの歯が残っているのでしょうか。

まず、大人の歯の本数は32本あります。これは、親知らずを入れた本数なので親知らずを抜くと28本です。70歳の時には、この28本が15本ほどになっているのです。

半分くらいの歯が無くなっている現状を想像できますか?
45歳を過ぎるあたりから歯を失っていく人が多いのです。45歳から55歳までの間に3本、55歳から65歳までの間に5本、というようにどんどん歯を失っていくのです。

老化だからしょうがないとあきらめていませんか?
80歳の時に自分の歯が残っている本数については、スウェーデンでは21本もあるんです!アメリカでは、17本です。それに比べて、日本ではたったの9本なのです!とてもショックな現状です。この違いは何なのでしょうか?歯を失うことを防ぐ方法があるはずです。

歯の寿命を延ばすには

そもそも日本人は、歯が悪くなってから歯科医院に行きます。虫歯や歯周病の治療を終えるとまた、悪くなるまでは歯科医院に行かない人が多いです。ところが、虫歯や歯周病は1、2年で再発してしまうケースが多いので、歯の寿命をできるだけ長くするために、予防する必要があります。

予防とは、定期的に健診とクリーニングに行くことです。80歳で21本の歯を保っている北欧では、この予防に力を入れている結果なのです。初期の虫歯やかぶせ物が不適合で虫歯になっていることは、自分ではなかなか発見できません。早期に発見するためには、定期健診は欠かせないのです。

また、歯ブラシだけでは歯にこびりついたプラーク(歯垢)を完全に落とすのは不可能です。プラークは、細菌が繁殖した塊なのでクリーニングをしてもまた増殖していきます。ですので、定期的にクリーニングすることは欠かせません。

老化に負けない歯をつくるには

老化に負けない歯をつくるには
日本人は歯の寿命が短いといいましたが、寿命を長くすることはできます。虫歯や歯周病がある人は、しっかりと治療をした後に3カ月に1回のペースで歯科医院に通い、定期健診とクリーニングに行きましょう。痛くなったら歯科医院に通う人よりも歯の寿命を長く保つことが可能になります。
料金
各治療の料金表と、医療費控除について詳しく説明しております。
求人
当院では明るく、向上心のある方そしてチーム医療をコンセプトとし、個々の役割を遂行し協調性を持って診療に望める方を募集しています。

よく読まれてる歯科コラム

千葉テレビ「ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!」で取材されました。
ビジネスフラッシュ 2nd Stage~企業が輝くとき~で取材されました。
お知らせ
お知らせ一覧