コラム

スポーツ中に口内のケガを防ぐ「マウスガード」の重要性とは?

2017年11月1日 (水)
スポーツの世界では、マウスガードの重要性が注目を浴びてきており、着用の義務化ができた種目もあるほどです。なぜ、こんなにもマウスガードについて注目が集まってきたのでしょうか。
今回は、マウスガードによって、防げるケガや、どのようなスポーツでとくに役に立つのかを池田歯科がお話したいと思います。

スポーツ中に歯の外傷がおきる

スポーツ中に歯の外傷がおきる
スポーツの中でもボクシングやラグビー、アメリカンフットボールなど他の選手と衝突するような危険なスポーツではマウスガードの装着が義務化されています。この背景には、ボクシングの試合が関係していると言われています。昔、ボクシングの試合では相手をパンチし倒した時の衝撃で歯が折れることや頚椎の骨折、脳震盪などが頻繁に起こっていました。そこで、選手の中の一人が歯科医師にマウスガードの作製を依頼したのがマウスガードの発祥だと言われています。スポーツでも歯の外傷が頻繁に起こっていたため発明されたのですね。
スポーツによる歯や口の外傷は重症になりがちで、歯にもし亀裂が入ってしまうと歯を抜かなければいけなくなります。また顎の骨が骨折してしまうとプレートで固定することや長期間食事が取れないといったことが考えられます。

マウスガードの作り方

マウスガードを作るときは、基本的に歯医者さんに作ってもらうようにしましょう。最近は、ネット通販等で既に大枠が出来ているものを熱湯に入れ噛むだけでマウスガードができるといった商品が出ていますが、実際の口に完璧にフィットしているわけではないのでずれてしまうことや、うまくはまらないことがあります。マウスガードは歯と歯がぶつからないように、そして外からのダメージを吸収するように緩衝材の役割をしています。確かな効果を得る為にも専門性の高い歯科医師の元、歯科医院で作成してもらいましょう

マウスガードで防げること

マウスガードで防げること
マウスガードで防ぐことができるケガはたくさんあります。緩衝材の役割をしているので顎や歯に直接衝撃を伝えることがなく損傷のリスクからも回避され、顎が外れることやずれることも防止できます。口の中を切る心配もなくなり、頚椎の骨折や脳震盪からも身を守ってくれることでしょう。最近ではオーダーメイドで種目に合わせたマウスガードも登場しています。前歯が当たりやすいラグビーやボクシングでは前歯のガードが厚く設定されていますが、ゴルフ用では奥歯で噛み締めることができるように奥歯が厚くなっています。しかし、ゴルフ競技ではマウスガードをつけてプレーするとペナルティが課されることがあるので注意してくださいね。

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

理事長紹介

設備紹介

理事長紹介

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 料金 |求人情報
 | インターネット予約 | よくあるご質問 | サイトマップ | プライバシーポリシー
^