診療内容

予防歯科・歯周病治療

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯原因は、細菌ではなく菌が発生する「酸」なのです。菌が歯の表面に付着して糖分と接着した時点で、酸の発生が始まります。

つまり、口の中を細菌だらけにしたまま、飲食物を口の中に入れると細菌と糖分の接触が頻繁に行われます。その分酸の量も多くなるので虫歯になりやくなります。

ですので、食事をしてから早めに歯磨きをすることで細菌を除去できるので酸の発生を抑える事ができますので虫歯になるのを防ぐいわゆる「予防」になるわけです。

虫歯になるSTEP

虫歯の原因となっているものをみなさんは知ってしますか?
虫歯の原因は、プラーク(歯垢)に含まれている細菌です。その細菌を「ミュータンス菌」と言います。
このミュータンス菌が飲食物から「糖分」を取り込み「強い酸」を作ります。この「酸」が虫歯の主な原因です!虫歯になるプロセスには5段階あります。では実際どのような過程を経て虫歯になってゆくのかのプロセスを説明したいと思います。

(1)感染

まずはじめに、歯の表面に虫歯の原因となるミュータンス菌が付着することが始まります。
ミュータンス菌は、歯の表面でどんどん増殖をしていきます。ここで大切なことは、歯磨きでこの菌をしっかりと落としていくことです。また、歯と歯の間など自分では磨きづらい箇所は、歯科医院で専用の機械による掃除(PMTC)などを受診するといいでしょう。

(2)糖を分解

口の中に運んだ食べ物が含む糖分を、ミュータンス菌が持っている酵素が分解を始めます。
この糖の分解が始まると次のSTEPに進みます。

(3)酸を産生し不溶性グルカンを形成

(2)のSTEPで分解された糖分は、さらにミュータンス菌の持つ酵素の力により「酸」と「不溶性グルカン」を作り出します。
またこの不溶性グルカンは、歯に菌をつけやすく抗菌剤などからも菌を守り保護する働きをします。
さらに、この不溶性グルカンは、酸と一緒となり温床を作りだしミュータンス菌をさらに増やしていきます。

(4)エナメル質を脱灰

歯の表面のカルシウムであるエナメル質を、STEP③で生み出された「酸」のより溶かしてしまいます。(エナメル質を脱灰)
この歯の表面のエナメル質が溶けたのが、虫歯です。さらに、この発生した酸を不溶性グルカンが閉じ込めてしまいます。

(5)実質欠損

歯の表面であるエナメル質が溶けると、Caイオンが抜けてしまいます。また、エナメル質も崩壊してしまいます。このエナメル質は、他の体の骨と違い自然に再生することはありません。つまり、1度エナメル質が溶けて欠損してしまう自然に治癒しないので痛みがなくても歯科医院にて治療が必要です。

この段階まできたら必ず虫歯の治療を行いましょう!

歯周病の原因

歯周病の原因

最近、TVCMなどでも聞く様ようになってきた「歯周病」とういう病気ですが、ここでは歯周病の原因を段階に合わせて説明をしていきます。

まず、歯周病の最大の原因は、プラークと呼ばれている歯垢中の中に含まれている細菌が、発生する毒素を「口腔内細菌」と呼びますが、これが原因なのです。また、この口腔内細菌は、歯周病の最大の原因でもあり進行過程でも、大変かかわってくる菌です。

歯周病のSTEP

STEP(1)

歯周病の症状を説明

まず歯周病のSTEP1での症状を説明します。

歯の表面や歯周ポケットに細菌がくっつきます。また、この細菌が原因で歯肉に炎症がおこります。この炎症が「歯肉炎」です。

次にこの歯肉炎は、どんどん進行していきます。すると歯周組織が壊されてしまうようになります。これを「歯周炎」と呼びます。

STEP(2)

歯周炎になってしまうと、通常は歯とくっついている歯肉の間に溝が出来てしまいます

STEP(1)で歯周炎になってしまうと、通常は歯とくっついている歯肉の間に溝が出来てしまいます。この溝を「歯周ポケット」もしくは「歯周溝」と呼びます。

歯周病の原因となっている菌(悪玉菌)は、暗く空気が少ないところが好きなので、この暗い歯周ポケットは、菌(悪玉菌)が住みやすくなってしまいます。また、この歯周ポケット内にどんどん溜まった菌(悪玉菌)は、互いにプラークと呼ばれる歯垢や歯石を作り出していきます。また同時に、有害な物質も生み出します。

この段階まできたら必ず虫歯の治療を行いましょう!

STEP(3)

歯周ポケットで発生した有害な物質は、歯肉の炎症を起こします

STEP(2)で歯周ポケットで発生した有害な物質は、歯肉の炎症を起こします。また歯を支えている歯槽骨を溶かしていくことにより、口臭を発生させます。

この段階では、歯周病の初期治療で完治することが出来ます。口臭が気になるなどの悩みも歯周病が原因の場合もあります。まずは、悪化する前に恥ずかしからずに相談することが重要です。

再石灰化とは?

再石灰化

プラークコントロールをする

プラークコントロール

気をつけなければいけないのは、このプラークは「細菌のかたまり」だということです。この細菌が生み出す酸や素こそが、虫歯や歯周病の原因となります。まずは、このプラークコントロールにより細菌を減らすことが重要です。

この細菌を減らすプラークコントロールにより私達を悩ませる虫歯や歯周病の予防や改善をおこなうことが可能となります。

お子様の歯の予防

お子様の歯の予防

お子さまの歯である乳歯は、「永久歯と違い抜けて、そのうち生え替るので気にしない!」と思っている方はいませんか?乳歯が虫歯でも問題ないなんてことは、ありません。なぜなら乳歯の虫歯は、後から生え替る永久歯にも、大変悪い影響を与えてしまうからです。また、大切なお子さまの発育や健康にも影響する場合もありよくありません。

歯は、体の他の骨と違い削ってしまったり虫歯で溶けてなくなってしまったら、自然には再生しません。お子さまの大切な歯を守っていく必要があります。食事や歯磨きなど気をつけて、小さいころから虫歯になりずらい歯や口の中の環境を整えて、予防をしていくことも大切です。お子さまが生涯笑って過ごせるように、私達と一緒に大切な歯を守っていきましょう!

ブラッシング

大人が磨いてあげていますか?(7才まではお父さん、お母さんが最後の仕上げを)
仕上げにフッ素入り歯磨き粉を使いましょう。
歯と歯の間はデンタルフロス(糸ようじ)にフッ素入りの歯磨き粉を少量つけて使うと効果的です。

キシリトール入りのガム

食事やおやつを食べたらかみます。酸が唾液によって中和されます。
唾液が多く出ることで歯垢が落ちやすくなり、再石灰化が促進されます。よくかんであごの発育。
夜、ブラッシング前に噛むと効果的です。1日3回以上、5~10分間ぐらいかみます。

フッ素の利用

歯の質の強化、酸に対して溶けにくい強い歯をつくる働きがあります。
酸の産生をおさえる。(歯磨き剤、フッ化物溶液で洗口、歯面へのフッ化物添布)

シーラント

虫歯菌は溝が大好きです。6歳臼歯が生えてきたら、噛む面の深い溝を透明な「シーラント薬」で埋めて、プラークが入らなくすると、虫歯予防に効果的です。

かみ合わせ

下顎が上顎より前に出ているかな?と思ったら、すぐに歯科医に相談しましょう。(反対咬合)

クリーニング

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは「プロフェッショナルな専門家による器具を使ったお口のクリーニング」を意味します。日頃、自分では磨きにくい歯と歯の間など専用の器具により歯をきれいにするだけではなく、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

PMTC

最近の研究により「むし歯や歯周病は、ある特定の細菌によっておこる」ことがわかってきました。
つまり、その細菌たちを口から除去することにより予防できることがわかりました。磨きにくい箇所など菌がたまりやすい箇所もこのPMTCによりクリーニングすることにより、予防につながっていきます。

むし歯や歯周病の原因になる、歯の表面に付着し成熟したプラーク「細菌バイオフィルム」は、強力に歯に付着しているため、歯ブラシよるブラッシングでもなかなか取り除くことができません。

また、他の異物の侵入を拒否する性質があるため、うがい薬などの効果も限定的です。
PMTCは、「細菌バイオフィルム」をはがしとる手段として、最も効率的かつ効果的な方法と考えられています。通常スケーリングの後に行います。

定期健診の必要性

虫歯の進行

虫歯の進行

二次カリエス

二次カリエス

歯周病の進行

歯周病の進行

補綴物の脱落

補綴物の脱落

この段階まできたら早めに来院し、
チェックやメインテナンスをしていたら、
進行を止めたれたかもしれません。

定期健診の実際の経過報告

初来院

初来院

ある患者さんのケースです。歯肉が腫れて出血すると来院された方。歯肉炎が見られたので、歯石を取る治療とブラッシングの練習をおこないました。
出血も治まり、歯肉も引き締まりました。

初来院

治療後の様子です。
治療後は、定期検診には一度も来院されませんでした。

4年半後に来院

4年半後に来院

歯周病が進行していました。歯周病の治療と、もう一度ブラッシングの練習を行いました。このときに定期検診の重要性をしっかりご理解いただきました。
下がってしまった歯肉は元には戻りません。

4年半後に来院

それから3年経過した写真です。
前回の治療から、半年毎に定期検診を受け続けました。
歯肉の状態は落ち着いていて、歯周病は進んでいません。

4年半後に来院

さらに6年後の写真です。
以前よりも健康的な歯ぐきになっています。
歯肉の状態は良好です。歯周病も進んでいませんが、歯肉が下がって出てきた歯根面は虫歯になりやすくなります。

歯周病について

虫歯の原因

歯周病は、歯の周りでおこっている病気で歯を失う大きな原因であると考えられています。
歯周組織が「歯周病菌」という細菌に感染してしまうことが歯周病の原因です。この歯周病菌は、プラークと呼ばれる歯垢に含まれています。この菌に感染することにより、歯肉が炎症をおこして腫れたり、歯茎から出血したりしてしまします。そのままにしておくと最終的には、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎もしくは、歯周炎)にかかっているといわれています。

歯周病の原因

歯周病は、歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と全身や生活習慣の問題から起こる病気です。主に下記の原因が考えられます。

● 歯周病原菌

歯周病原菌

プラーク

● プラーク
歯の表面に形成されたプラークには様々な細菌が存在します。

歯石

● 歯石
プラークは歯にくっついてから時間が経つと歯石になります。
歯ブラシでは取ることができません。

喫煙

● 喫煙
血行障害を起こし、口の中の抵抗力が弱ります。

歯ぎしり、くいしばり

● 歯ぎしり、くいしばり
無意識の内に過大な力が加わることで、歯を支える骨に負担がかかります。

清掃不良

● 清掃不良
食後のブラッシングを習慣づけましょう。

その他のリスクファクター

● その他のリスクファクター
糖尿病、ストレス、片寄った食生活、薬剤服用なども歯周病の進行を促進します。
(写真は血圧を下げる薬を服用していたケース)

歯肉炎と歯周炎

歯肉炎から歯周病へ
軽度の歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
軽度の歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
プラークがたまって歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています。歯を支える骨にはまだ影響がありません。 歯周ポケットが形成され歯石が深部まで付着し、歯を支える骨を半分くらい失っています。 歯を支える骨がなくなってきて、放っておくと歯が抜けてしまいます。歯ぐきが下がる、膿がでるなどの症状もみられます。

歯周病の初期段階では、まず歯周病菌(プラーク中に含まれる細菌)の付着によって歯肉(歯茎)が赤く腫れて炎症を起こしたり、歯磨きで出血したりする「歯肉炎」になります。歯肉(歯茎)が腫れたり、出血するだけでなく、歯周病菌(プラーク)によって歯周組織のうちの「セメント質・歯根膜・歯槽骨」などが溶かされたために歯がグラグラしたり、歯が長く出っ歯に見えるようになる症状が「歯周炎(慢性歯周炎)」です。

治療法

歯周病の治療には
セルフケアとプロフェッショナルケアが必要です。
患者様と歯科医師・歯科衛生士が連携し、
歯周病を治していきます。
セルフケア

● セルフケア
歯間ブラシ、デンタルフロスや洗口剤などを使用して患者様自身で行っていただく歯のケアがとても大切です。
指導を受けて適切な方法や清掃用具を使いましょう。

プロフェッショナルケア

● プロフェッショナルケア
患者様自身で行っていただくケアの他に、歯科医師・歯科衛生士が行うケアが必要です。
・ブラッシング方法や生活習慣改善のアドバイス
・超音波による歯石除去
・プラークや着色の除去
・手作業の器具による細かな部分の仕上げ
・固定・外科処置等

などを行います。

プラークコントロール、歯肉縁上歯石の除去

● プラークコントロール、歯肉縁上歯石の除去
<初期治療>
初期治療とは、原因除去治療とも言われ、字のとおり、炎症の起きる原因を除去する治療法のことです。

基本的なブラッシングの方法や、歯ブラシの選び方、補助的な清掃用具の使い方等を覚えて頂きます。歯周病はほとんどの場合、奥歯の歯と歯の間の、磨きにくいところが進行しています。その部分をきれいに出来るかどうかが大きなポイントになります。

治療のスタートは歯ぐきの上に見える部分の歯石の除去から始めます。傷んだ歯肉や歯の表面を傷つけない様に、ポケットの浅い部分のプラークや歯石を、無理をせず簡単に除去できるものから除去します。最近ではほとんどの場合、この処置には超音波の振動を利用した超音波スケーラーという器械が用いられます。この処置は、2回で終わります。

再評価、SRP

● 再評価、SRP
スケーリング後、ブラッシングによる歯肉の引き締まりをまって、検査をします。検査の結果に基づいて、初めに決定された、治療計画の変更が必要かどうか、再度検討します。歯周病が軽度の部位は、ほとんどの場合ここまでの治療で治りますが、以降も定期的なメインテナンスを続けていかなければ再発の危険があります。この時点で、深いポケットがあり、出血も認められる部位は次のステップへ、治療を進めて行きます。

次の治療は保健用語で「SRP(スケーリングルートプレーニング)」と呼ばれています。この処置はポケット内部の歯根表面についた歯石や細菌性の汚染物質を、徹底的に取り除く治療です。現在ではこの処置を歯根面のデブライドメントと呼んでいます。この処置はポケットの深い部分をさわりますので、麻酔を必要とする場合もあります。この治療では、キュレットと呼ばれる手用の器具で、歯根の表面をつるつるになるまできれいにします。 なお、この処置は健康保険治療の範囲で行う場合には、お口の中を6つのブロックに分けて1ブロックずつ処置をしなければならないので、すべての歯をきれいにする必要がある場合には6回の来院が必要となります。

セルフケア

● 再評価
処置の終了から歯肉の治癒期間を考慮して、再度ポケットの深さ、出血の有無を検査します。初期から、中等度の歯周病はほとんどがここまでの処置で、治す事が出来ます。歯肉が完全に治ったのを確認します。

この時点では、歯ぐきの位置は歯周病が治癒し歯ぐきが引き締まったために、初診時の位置よりも下に下がっています。今まで見えなかった、かぶせ物と歯ぐきの境目のラインも見えてきます。これ以前に最終的なかぶせ物を作ってしまうと、このかぶせ物と歯ぐきの境目の位置を適切に作ることが出来ず、あとで見た目が悪くなってしまったり、清掃性が悪く、歯肉の炎症を起こし易いかぶせ物になってしまいます。

歯周外科手術

● 歯周外科手術
こまでの治療が終わっても6mm以上のポケットがある部位では、骨の形態を整えて、外科的にポケットを浅くする手術が必要になり ます。最も一般的におこなわれる手術は歯肉剥離掻爬術 (FOP) と呼ばれる手術です。簡単に言うと、これは歯ぐきを開いて、根の表面を直接見て汚染物質を完全に取り除くとともに、ポケットを浅くする手術です。

この手術は、外科的に歯ぐきの位置を下げて、ポケットを浅くするので、術後、約 2mm位歯ぐきが下がります。このため、手術後は歯と歯の間の隙間も大きくなり、歯が長くなったように見えてしまうので、審美性の改善のために後でかぶせ物で形態を整える等の処置が必要になってきます。また、このような手術では術前術後のプラークコントロールがとても重要で、十分なプラークコントロールが出来ていない状態での手術はかえって歯周病が悪化してしまいます。また、術後も早期にブラッシングを開始して、徹底的なプラークコントロールを続けていかないと良い結果が出ません。

● PMTC
PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは「プロフェッショナルな専門家による器具を使ったお口のクリーニング」のことです。「きれいになる」ということはもちろんですが、もう1つ重要な目的があります。 最近の研究によれば、「むし歯や歯周病は、ある特定の細菌によっておこる」ことがわかってきました。つまり、その細菌たちを口の外に追い出せば、ほとんどの歯の病気は防げるということです。つまり、「PMTCは予防の要」でもあるわけです。

むし歯や歯周病の原因になる、歯の表面に付着し成熟したプラーク 「細菌バイオフィルム」は、強力に付着しているため、歯ブラシでもなかなか取り除くことができません。 また、他の異物の侵入を拒否する性質があるため、うがい薬などの効果も限定的です。

PMTCは、「細菌バイオフィルム」をはがしとる手段として、最も効率的かつ効果的な方法と考えられています 。

PMTC

再生療法

歯周外科手術時に同時に行われる、歯周病で減ってしまった歯の周りの骨を人工的に再生させようという治療法です。現在行われている再生療法は、ゴアテックスの膜を用いたGTR法と呼ばれるものと、エムドゲインというジェル状の物質を用いるものの2種類があります。

● GTR法
GTR法は手術時にゴアテックスの特殊な膜を歯ぐきの中に埋め込み、骨を再生させる治療法です。かなりの量の骨を増やすことが出来る反面、手技が複雑な上、数ヵ月後、再度手術をして膜を取り出さなければならないという難点があります。ただし最近では一定期間たつと吸収されてなくなってしまう膜も出てきています。

通常の歯周外科手術後の歯肉の治り方です。歯肉が下がり歯の根の弱い部分が歯茎の上に露出してしまいます。ほとんどの場合根を支えている骨の量は減ってしまったままとなってしまいます。

再生療法を行ったときの歯肉の治り方です。術後の歯肉の下がりはほとんどないので、審美 的にも優れています。また、歯根を支える骨が時間をかけて再生されていきます。

● エムドゲイン
エムドゲインはスウェーデンのビオラ社で開発された、子豚の歯胚 ( 歯が出来るもとになる細胞 ) から抽出した物質で、アメロジェ二ンという、もともと歯とその周囲の骨が作られるときに重要な働きをする物質で、骨の再生をうながしてくれる物質です。手術時にこの液体を骨と歯との隙間の部分に流し込むだけの比較的単純な手技ですが、今のところ、骨を増やせる量は限られています。

● GEM21
エムドゲインと同様なものですがこちらはrh PDGF (Platelet-derived Growth Factor)の液とβ-TCPバイオセラミックスの粉から出来ていてエムドゲインより効果がいいと言われています。

X線検査について

● X線検査はなぜ必要なのか?
X線で見ると、通常目で見ることができない部分も分かります。

X線検査について

● 直接見ることができない歯の内部や形、骨の状態などを調べることができます。

全体的に見ることができる(パノラマX線写真)
全体的に見ることができる(パノラマX線写真)

より詳しく見ることができる(デンタルX線写真)
全体的に見ることができる(パノラマX線写真)

● こんなことが分かります
・歯や歯の根の形、本数    ・虫歯    ・歯石    ・歯周病の状態    ・歯を支える骨の状態
・詰めたもの、その状態等

バクテリアセラピーについて

バクテリアセラピーについて
バクテリアセラピーとはヨーロッパ生まれの新しい予防医学です。ヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌『L.ロイテリ菌』を摂取することで、体内の菌のバランスを整えます。善玉菌が増えることにより、健康になっていき、なおかつ副作用の心配のない体に優しい療法です。当院でバクテリアセラピー始めてみませんか?

L.ロイテリ菌とは

L.ロイテリ菌はヒトから生まれた乳酸菌です。天然の抗菌物質を産生し、同時にヒト免疫システムの調整を行います。それにより、様々な疾患の予防・治療に働きかけてくれるのです。ヒトの母乳・口腔由来の菌ですので、副作用等の心配はありません。

バクテリアセラピーの効能

『L.ロイテリ菌』を摂取すると・・・
口腔、胃、小腸、大腸に働きかけ、体の機能を整えます。

<口腔>
歯周病の原因菌や虫歯の原因菌を減らすので、予防に効果的です。また、口腔内のべたつき、口臭の軽減にも効果があります。
●歯周病の改善⇒バクテリアセラピー実施で歯周菌は約90%以上抑制できる事が確認されました。
●むし歯リスクの減少⇒唾液中のミュータンス菌量を80%抑制します。

<胃>
胃炎の症状を軽減に効果があります。
●ピロリ菌の減少⇒ピロリ菌感染性胃潰瘍発症の成人が、30日後に60%の患者がピロリ菌の完全消滅しました。

<小腸>
免疫細胞を活性化させますので、強い体作りはもちろんのこと、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギーの軽減にも効果的です。
●アトピーを抑える⇒アトピー性皮膚炎の乳児が12カ月で湿疹面積が57%減少。

<大腸>
便通を整え、下痢や便秘を軽減します。便通が整うことにより、肌荒れの改善も期待できます。
●便秘が解消⇒バクテリアセラピー実施の患者に100%便通が正常化しました。
それ以外にも下記のような効果が実証されています。
●口臭がなくなる⇒口臭スコアがゼロの患者が4.5倍以上に増加
●母乳の「乳質」改善⇒母乳中の大切な免疫成分が増量され、アレルギー誘発成分は減量されます。(出産4週間前から実施)

バクテリアセラピー体験者の声

・口の中のネバネバ感がなくなり、口臭が和らいだ気がします。まだ始めて2週間ほどですが、胃腸の調子も良くなってきているようです。

・便秘に悩まされていたのですが、はじめてからは調子が良いです。肌荒れも良くなってきました!

・たびたび歯茎が痛むことがあり、出血することもありましたが、飲み始めてから出血しなくなりました。タブレットを1日1回なめて摂取するだけでよいので楽です。

・花粉症なので、効くのなら…と花粉のシーズン前より飲み始めました。確かに昨年と比べてみるとたしかに「お?変化あり?」という感じです。続けてみようと思います。

こちらにバクテリアセラピーについての詳細が掲載されています。
BaioGaiaのホームページ http://www.reuteri.jp/therapy/

歯周病の予防のために・・・

歯周病の予防のために

まずは毎日の丁寧な歯磨き、歯垢のたまり易い部分を 歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシ、洗口剤などを使い特に重点的に磨きましょう。

食事の際には、よく噛んで唾液の分泌量を増やし唾液による細菌を洗い流す成分を活性化させましょう。(炎症が起こりにくくなります)

規則正しい生活をおくり、栄養のとれたバランスある食事をとりましょう。

できれば、禁煙しましょう。末梢への血液の流れを悪くさせない為に、できれば禁煙しましょう。そして、定期的に歯科医院でスケーリング、PMTCをしましょう。

ストレスを溜めないようにし、新陳代謝を良くする様心がけましょう!

診療時間変更のお知らせ
ビジネスフラッシュに当院が紹介されました

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

ドクターズファイル 池田 寛理事長

ドクターズファイルにて池田理事長のインタビューが掲載されました。

求人情報

あなたも池田会で働きませんか?

オンライン予約

Web上からお好きな時間に利用できるオンライン初診予約を提供しています。

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめております。お問い合わせ前にご確認ください。

メディア掲載

池田会のメディア掲載情報をご紹介。

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

2014年版 日本の歯科100選

社)日本医院開業コンサルタント協会が出版している「日本の歯科100選 2014年版」に池田歯科クリニックが認定され掲載されました。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 症例 | 料金 | コラム | お役立ちエリア情報 | 
| 求人情報 | インターネット予約 | よくあるご質問 | メディア掲載 | サイトマップ | 
^