診療内容

一般歯科

虫歯の治療

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯の原因は、「プラーク」という食べカスに付いた細菌の塊です。左図のように、人の歯の表面に形成されたプラークには、様々な病原菌が存在します。

歯の成分が溶け出す「脱灰」と、取り込まれて元に戻る「再石灰化」のバランスが分かれ目です。

虫歯になりにくい生活習慣 虫歯になりやすい生活習慣
軽度の歯周炎 中等度歯周炎
唾液や歯磨きで細菌や酸を洗い流し、元に戻っている時間が長い
元に戻る時間がわずかしかありません

むし歯の進行

C0
(1)C0
この程度の白濁や着色なら、丁寧なブラッシングとフッ素塗布により、再石灰化が期待できます。
C1
(2)C1、C2
歯の表面にあるエナメル質に小さな穴ができます。C2の段階では甘いものや冷たいものがしみるようになってきます。虫歯を削って詰めるだけですので、治療は1~2回で済みます。
C2
(3)C3
歯の神経やその近くまでむし歯に侵されています。神経が炎症を起こしているので、非常に強い痛みを感じます。
C3
(4)C4
この程度の白濁や着色なら、丁寧なブラッシングとフッ素塗布により、再石灰化が期待できます。
症例(歯内治療1)

症例(歯内治療1)

腫れてしまい来院なさいました。
また、この患者様は、他院で抜くと言われてしまい当院へご相談にご来院なさいました。
最初は、根の部分がまっ黒です。しかし、治療後まわりに黒いかげはなくなり、白い骨ができるようになりました。

症例(歯内治療2)

症例(歯内治療2)

こちらの患者様も他院で抜くと言われてしまい、抜くのが嫌でそのまま治療を放置してしまいました。
ご相談でご来院され当院で治療を受け、最後はしっかりと根が見えるまで回復なさいました。

症例(歯内療法3)

症例(歯内療法3)

最初にご来院なさった際は、根っこの先が腫れていました。
当院で治療を進めていく中で、最後は黒いかげがなくなり、膿がなくなりました。

症例(歯内療法4)

症例(歯内療法4)

小学校6年生の患者様です。
他院で抜くと言われてしまいました。
まだ小学生なので、抜いてしまい歯を残したいとのご希望で治療を当院で開始致しました。
最初は、根っこの周りがまっ黒でしたが、根の治療を続けることにより歯の根が完全にもどりました。(全部、白くなりました。)

無痛治療

できるだけ痛みの少ない治療を心がけています。以下の手技を行うことにより注射自体の痛みも少なくします。

<麻酔の手順>
(1)歯肉乾燥
表面麻酔をするため、歯肉を乾燥させます。

表面麻酔

(2)表面麻酔
スプレーまたはゼリー状の表面麻酔を塗布します。

麻酔液注入

(3)麻酔液注入
人肌に温めた麻酔液を、最細の33Gの注射針と電動の注射器を使いゆっくり注入します。
(この3つで痛みは確実に軽減できます)

できるだけ痛みの少ない治療を心がけています。以下の手技を行うことにより注射自体の痛みも少なくします。

(4)歯肉へ麻酔注射
痛点が少ない歯茎の付け根の方から軽くマッサージして歯肉を左手で引っ張り、最初は浅く刺入し、徐々に深く入れていきます。

3MIX-MP法

3MIX-MP法

3MIX-MP法は抗菌剤を使って病巣を無菌化する治療法で、無菌化された病巣は治ることを邪魔するものが無くなり、組織修復が起こることを利用した治療法です。この3MIX法は象牙質の深い部分の虫歯はわざと取らずに残し、残った細菌を薬で殺します。したがって、ほとんど、あるいはまったく痛みのない治療手段です。

ただ、象牙質の虫歯(C2)で深くない場合には薬を置くスペースやそれを密閉するスペースがないため3mixを適用するのは困難です。その場合には従来どおりの治療を行います。

3MIX法の最大の功績は「従来なら神経を取らなくてはいけないくらいに進行した虫歯についても神経を保存することが出来るようになった」ことです。ただ、全てのケースで神経を残せるのではありません。
完全に神経が細菌によって死んでしまった場合には3mix法といえども神経を残すことは出来ません。
神経は象牙質に栄養を与え感覚を与えています。それを取ってしまうと歯はもろくなり長持ちしません。
したがって可能な限り神経を残すことが歯の治療上必要なわけです。

レーザーによる治療

口内炎・口角炎など治療

当医院は、最先端高度医療機器である炭酸ガスレーザーを導入し歯科治療を行っております。
レーザーによる治療

レーザーで治療する事により、今までよりも短時間で治療を行う事ができるようになりました。従来の治療法方にくらべても、痛みや出血が少なく麻酔や投薬の量を減らすことも可能になります。従来の電気メスとは違い、妊婦の方、ペースメーカーの方でも安心してご使用になれます。

下記のような場合にレーザーを使用しています。
・歯槽膿漏の改善
・口内炎・口角炎の治療
・知覚過敏の軽減
・抜歯後の止血術後の痛み・腫れ緩和
・術後痛みの少ない小外科手術
・歯肉に沈着したメラニン色素の除去

使用する症例

・小児の虫歯予防・歯質の強化(シーラント処理)
・治療する根管(歯の根っこ)の中の殺菌~乾燥
・知覚過敏症による痛みの緩和
・口内炎・口角炎・義歯装着時の痛みの緩和
・歯肉や腫瘍の除去・切除・切開
・メラニン色素(歯肉の黒ずみ・沈着)の除去
・顎関節等の痛みの鎮痛緩和
・歯周病の歯肉改善
・歯槽膿漏、歯肉炎で歯肉が腫れている場合の治癒促進

レーザー治療後のご注意

特に注意する事はありませんが照射直後は茶色に炭化し、2~3日後に白いベラーク(腫瘍の様なもの)が照射部位に発生いたします。これはフィブリンと言うコラーゲンの集まりで、表面を保護する役目ですので心配いりません。歯磨きの際は、歯ブラシが当たらない様にして下さい。ご不明なことは、スタッフまでお気軽にお申し付け下さい。

小児歯科

お子様のいらっしゃるお母様・お父様に当院からお伝えしたいこと

小児歯科

私たちは、患者様にとって「痛い」「怖い」「行きたくない」というイメージの歯医者ではなく、大人も子供も、喜んで、楽しく、ご自身の健康維持のために行きたくなる、「虫歯を作らない歯医者さん」を目指しています。つまり当院は、「悪くなったら行くところ」ではなく、「悪くならないようにするために行くところ」でありたいと考えています。

当然のことですが、虫歯になって痛くなってから歯医者に行って治療をするより、虫歯のない健康な自分の歯が一番良いことは言うまでもありません。 一度治療で削ってしまった歯は、2度と元通りになることはありませんし、実は歯は削ったところから徐々にまた悪くなっていきます。 もちろん虫歯になってしまった以上、歯科医師として最善の治療を提供しますが、本来、皆さまの大切な歯を削ることは、私たちにとっても決してうれしいことではありません。

では、一体どうようにすればよいのでしょうか?
それは幼い時から、生まれた時から、更には生まれる以前から、「虫歯にならない生活習慣を身に付けること」「歯医者さんに行って定期的な検診を受けること」大きく分けるとたったこの2つしかありません。

「なかなか大変だなあ・・・」とお思いでしょうか?
たしかに一人でやろうとすると大変ですし、限界があります。そこで私たち歯科医師と歯科衛生士がいるのです。皆様にとって、私たちの存在理由は、「皆様が末長く健康で幸せな生活を送るために、お口の健康維持のサポートをさせていただくこと」これに尽きると思っています。

私たちは、お父様・お母様、お子様、そしてそのお子様が大きくなって子どもができたとき、何世代にも渡っての歯の健康維持をサポートすることこそが、歯科医療従事者である私たちの使命であると考えています。

小児歯科ってどんなことするの?

小児歯科とは、成長するお子さまの歯に合わせて治療を計画し実行する治療のことを言います。通常の歯科が一般歯科と呼ばれるのに対して、小児歯科と呼ばれます。
小児歯科では、乳歯から永久歯に生え替ることを想定して治療をしていきます。乳歯の虫歯を放置したままにしておくと、新しく生えてくる永久歯にも大きく影響してしまいます。また、乳歯の段階から噛み合せなどをチェックしていくことも重要です。これは、虫歯になりやすい原因を失くすだけではなく、体への影響にも関わってくる重要なことです。お子さまの大切な歯と可愛らしい笑顔を守るためにも、小児から歯科にいくことは重要と言えます。
また、当院「アリオ北砂歯科クリニック」では、バイアフリーでべビーカーのまま診察室に入れるので安心です。

★フッ素塗布無料のお知らせ(アリオ北砂歯科クリニック)
小学生以下のお子様を対象に、フッ素塗布を無料にて実施させていただきます。
フッ素には歯の再石灰化、エナメル質の強化などの効果があり、歯に塗ることによって虫歯予防の効果があります。
ぜひこの機会にご来院ください。
※こちらは、アリオ北砂歯科クリニックのみのご案内となります。

幼い頃から虫歯にならない生活習慣とは?

これはまず、毎日きちんと歯磨きを行うことです。当然歯磨きをしなければ、お口の中で虫歯の原因菌が繁殖し虫歯になっていきます。また間食(おやつ)の時間を量を決めることです。間食は摂っても良いですが、だらだらと際限なく食べることが一番よくありません。時間と量を決めておくことがとても大事です。

稀にこんなことをお母様からお聞きします。
「幼い頃といったって、乳歯は生え変わるからあまり気にしなくて良いですよね?」
たしかにそのように思いがちですが、決してそんなことはありません。
乳歯のうちから虫歯になってしまうと、お口の中が菌の繁殖しやすい状態となり、さらには口の中全体に菌が広がって、永久歯に生え変わっても虫歯になってしまうリスクが非常に高くなります。また乳歯から永久歯への生え変わりの時期は、歯がまだ新しく弱い期間であるため、虫歯になりやすいと言えます。
また、乳歯が虫歯になってしまうとあごの発育にも影響が出てきて、噛み合わせや歯並びにも影響してきます。

「まだ幼いから大丈夫」ではなく、幼い時こそが一番歯のケアを大切にする必要があります。

さらに言うとお口の中の状態は、お子様に遺伝すると言われています。
生活習慣はもちろんですが、お母さんのお口の健康状態が大切なお子様の健康にも繋がりますので、
「マイナス1歳からの虫歯予防」お子様が生まれる前からの定期検診を受けておくことが大事です。

定期検診の大切さ

定期検診の大切さ

生活習慣に伴うご自身での歯のケアは大切ですが、しかしそれだけでは決して十分ではありません。例えば歯磨きでも、人それぞれ・お子様もそれぞれ歯磨き時には癖のようなものがあり、うまく磨けていないところがあります。虫歯菌はそこから少しずつ増殖していきますので、きちんと歯の健康を守っていくためには、プロである歯医者に定期的に検診を受けていただくことが大切です。

また定期検診時には、歯のクリーニング以外にもフッ素塗布シーラントなどの方法で虫歯になりにくい状態を作っていきます。

また、間食の摂り方正しい歯ブラシの仕方などをお伝えし、虫歯になりにくい生活習慣を一緒になってお父様・お母様、お子様と考えていきます。

またお子様の場合、無理やり診療台に乗せるようなことはいたしません。お子様が歯医者を嫌いになってしまったら何の意味もありません。お子様の様子に合わせて、まずは簡単なことから徐々に歯医者さんに慣れてもらうように接していきます。お子様に「歯医者さんって楽しい!」そんな風に思っていただけるように努力してまいります。

歯科のお仕事体験クリスマス&“キッザニア”イベントを開催しました!!

★12月25日【クリスマス&キッザニアイベント開催しました】

クリスマス&キッザニアイベント開催しました

クリスマスにキッザニアイベント開催しました★
夏に開催した1回目もお子様、お母様に大好評をいただいたこのイベント、今回も歯医者さんが行う模型を使っての型どり体験や、
お菓子を食べたあとに一緒に歯磨き練習したりと盛りだくさんの内容でした。

最後にはプチクリスマスプレゼントもお渡し、キッズの笑顔をいただきました☆

興味深々に取り組むお子様を見ていると、歯科医療に携わっていて良かったな~と嬉しい気持ちになります♪
このイベントをきっかけに一人でも多くの子供たちが「歯の大切さ」を知っていただければと思います。

歯科のお仕事体験“キッザニア”イベントを開催しました!!

★8月19日にアリオ北砂歯科クリニックにて、キッザニアイベントを開催しました

★8月19日にアリオ北砂歯科クリニックにて、キッザニアイベントを開催しました

夏休みまっただ中の8月19日に、アリオ北砂歯科クリニックにてキッザニアイベントを開催しました!
今回は、3歳~小学6年生のお子様を対象にご参加いただきました。
白衣に着替えてもらい、すっかり「小さな歯医者さん」です☆
なかなかお似合いですね♪

また、診療室に入って実際の診療で使う器具を使って、お母さんのお口の中、歯の数を数えてもらいました。みんな歯医者さん気分を味わって良い表情をしています♪「どんなときにどの器具や材料を使うのか」も見て、聞いて、触って体験してもらいました。なかなかみんな真剣な表情ですね!

そして、お口に関するクイズで、歯の健康の大切さを学んでもらいました。

最後は修了証を授与式です。みんな、大変優秀な成績でしたよ♪
さて、この中から未来の歯医者さんは何人生まれるかな?!(笑)

来年もさらに趣向を凝らしてイベントを開催したいと思いますので、またのご参加をお楽しみにしております♪。

 

★8月19日にアリオ北砂歯科クリニックにて、キッザニアイベントを開催しました

小児矯正は?

小児矯正

小児矯正とは、歯や顎などお子さまの成長に合わせて治療する歯列矯正のことです。
成長のタイミングに合わせて治療を行うのでより一層、理想的な歯や口元に近づける可能性が高くなります。

小児矯正に適している年齢は、顎の成長期でもある6歳~14歳の間と言われています。しかしながら、矯正治療に年齢制限は、特にないので、お子さまの噛み合せなど気になったら1度、歯科医院にて医師に相談して下さい。

また、矯正治療をはじめてからも、定期的に歯科医院に通うことになりますので、せっかく治療した歯を守るためにも虫歯の早期発見早期治療に努めて、歯を大切にしていきます。
噛み合わせや歯並びは、見た目だけではなく、体にとっても重要なことなので、気になるようであれば早めにご相談されることをおすすすめします。

診療時間変更のお知らせ

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

ドクターズファイル 池田 寛理事長

ドクターズファイルにて池田理事長のインタビューが掲載されました。

求人情報

あなたも池田会で働きませんか?

オンライン予約

Web上からお好きな時間に利用できるオンライン初診予約を提供しています。

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめております。お問い合わせ前にご確認ください。

メディア掲載

池田会のメディア掲載情報をご紹介。

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

2014年版 日本の歯科100選

社)日本医院開業コンサルタント協会が出版している「日本の歯科100選 2014年版」に池田歯科クリニックが認定され掲載されました。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 症例 | 料金 | コラム | お役立ちエリア情報 | 
| 求人情報 | インターネット予約 | よくあるご質問 | メディア掲載 | サイトマップ | 
^