よくあるご質問

よくあるご質問

Q1 毎日、ちゃんと歯磨きをしています。それでも虫歯になります。原因がありますか?

特に、歯との歯間や隙間などは、磨きづらく磨き残してしまう場合もあります。歯科医院で正しいブラッシングを指導してもらうのも重要です。また、食べてすぐ歯を磨くことも大切です。定期的に歯科医院にてチェックと自分で取れなかった汚れを落としてもらうこともおすすめします。

Q2 歯磨きするときに血が出てきました。これは病気ですか?

歯周病の可能性が考えられます。プラークが歯と歯茎の間にたまり、炎症がおこっている状態が考えられます。歯周病は、進行性なので、早い段階で歯科医院にいくことをお勧めします。また、ブラッシングを強くしすぎて歯肉を傷つけてしまっている可能性も考えられます。歯からの出血は、放置せずに歯科医院にご相談下さい。

Q3 虫歯はありませんが、冷たいものを飲んだりする時や水でうがいする時に歯がしみます。原因は何ですか?

知覚過敏症が疑われます。知覚過敏症になり歯がしみてしまう原因は、いくつかあります。歯の象牙質で知覚を感じる部分の層が剥き出てしまい水などの冷たさを過敏に感じている状態です。歯磨きが上手く出来ていない場合や歯周病などが知覚過敏症の原因と言われtいますが、強い歯ぎしりも原因とも言われていわれています。

Q4 朝起きてから、口を開けたり動かすと音がなります。歯科医院で治りますか?

音がなる原因は、顎(がく)関節症が疑われます。もちろん歯科医院で治療することは可能です。顎(がく)関節症とは、こめかみの下にあり、耳の穴の前にある顎(あご)の関節にずれてしまうなどの障害が起こってしまった病気です。それが原因で、口を開けた時などに音がなります。初めは、日常生活に支障があることは特にありません。しかしながら、そのままにしてひどくなってしまうと、口が開かなくなってしまう場合があります。また、この顎(がく)関節症が原因で、肩こりや頭痛、ひどいと耳鳴りやめまいが起こる場合もあるので注意が必要です。

Q5 歯を噛むと以前に治療したはずの歯が痛みます。また、同じ場所が虫歯になったのでしょうか?

治療した歯の根の先に何らかの原因で、膿がたまってしまっている可能性が考えられます。腫れがひどくなる場合も考えれらます。一旦痛みが止まる場合もありますが、早めに歯科医院で検査と治療をしてもらうようにして下さい。万が一、腫れがひどくなると顔まで腫れてしまう場合があるので、痛みが止まっても注意が必要です。

Q6 虫歯で歯を抜いてしまいました。入れ歯には抵抗があります。他に何か方法はありませんか?

現在、歯を失った場合の治療方法には「ブリッジ」や「入れ歯」の他にも、人工の根を作り歯を作り埋める「インプラント」という方法もあります。噛みずらいことや、入れ歯など他の歯を削ることに抵抗がある方には、この「インプラント」をお勧めしています。自分の歯と同じように、自然に見えるだけではなく、しっかり噛めることも出来ます。また、ブリッジが出来ないと寝台された場合でも治療出来ます。しかし適応できるかどうかは、しっかり検査をする必要があります。まずは、歯科医院に相談をして下さい。

Q7 入れ歯のバネが見えてしまうのが気になります。どうにかなりませんか?

バネが見えてしまうなど気になる方には、インプラントをお勧めします。インプラント治療は、見た目だけではなく、噛むという楽しみも手に入れることが出来ます。また、インプラントではなく入れ歯にも様々な種類があります。あなたの希望に合うように、メリットとデメリットをしっかりと医師と相談してみるといいでしょう。

Q8 入れ歯を作ってもらいましたが、違和感があります。なかなか慣れずに困っています。解決は出来ますか?

初めての入れ歯は、どなたでも違和感を感じることでしょう。また、なかなか入れ歯になれずに悩んでいると相談を受けることも多くあります。どうしても慣れな場合は、プラスチック部分を金属に代えることもお勧めします。金属に代えることで厚みが薄くなります。その事により、温度や味(味覚)を感じられるようになります。衛生面でも、汚れがつきにくくなるのでお勧めします。しかしながら、保健適用外(自費治療)になりますので、医師にど相談下さい。また、どうしても入れ歯に抵抗がある場合は、人工根としてチタンを埋める「インプラント」も選択肢としてあります。

Q9 大人になってからでも、矯正治療は可能ですか?やはり治療中は、目立ちますよね?心配です。

大人でも可能です。異なるのは、矯正期間です。成人になってからの矯正は、小児や成長期の子供と比べて少々治療期間は長くなります。成人になってから矯正する方も多くいます。またその際の悩みの多くは、矯正中の装置が目立ってしまうのでないかという心配です。また同じような装置についての悩みで、仕事や就職活動中などで治療していることを知られたくない場合なども相談を受けます。現在の装置の中には、銀色の装置ではなく目立ちずらい透明の装置もあります。せっかく始めた矯正治療を途中でやめてしまうことにならないように、しっかりと最後まで治療出来るように医師にしっかりと相談をして始めましょう。

Q10 インプラントを考えていますが、治療中はやはり痛みますか?

治療は、麻酔をしながら進めるので痛みをほとんど感じることなく安心して進められます。しかし、治療後に麻酔がきれた時や人によっては、術後2・3日の間は、抜歯時のような痛みや腫れがみられる場合があります。痛みについての不安などは、治療前に医師に相談するといいでしょう。

Q11 インプラント治療期間中の食事は、どうなりますか?食べられますか?

治療期間中は、歯肉の状態など医師と相談して下さい。通常は、手術後4~5日程度は、かたい食べ物を避けて食事をすることをお勧めします。またお酒や喫煙も控えた方がいいでしょう。抜歯後に、歯肉が安定したら通常通りの食事を楽しむことが出来ます。

Q12 インプラントは長持ちしますか?永久的なものですか?

メンテナンスがしっかりしていれば、インプラントは、チタン(金属製)なので半永久的にもちます。しかし、メンテナンスをしなければインプラントを埋めた周りの骨などが痩せてしまうち動いてしまったりまします。医師の指導とアドバイスを聞きながら、しっかりメンテナンスをして長持ちさせましょう。

診療時間変更のお知らせ

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

ドクターズファイル 池田 寛理事長

ドクターズファイルにて池田理事長のインタビューが掲載されました。

求人情報

あなたも池田会で働きませんか?

オンライン予約

Web上からお好きな時間に利用できるオンライン初診予約を提供しています。

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめております。お問い合わせ前にご確認ください。

メディア掲載

池田会のメディア掲載情報をご紹介。

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

2014年版 日本の歯科100選

社)日本医院開業コンサルタント協会が出版している「日本の歯科100選 2014年版」に池田歯科クリニックが認定され掲載されました。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 症例 | 料金 | コラム | お役立ちエリア情報 | 
| 求人情報 | インターネット予約 | よくあるご質問 | メディア掲載 | サイトマップ | 
^