コラム

院内の感染予防には「滅菌対策」がいちばんの近道!

歯科の院内感染対策について、メディアでも取り上げられることが増えてきました。患者さんが治療をしに来て新しい病気にかかってしまっていけません。そのため、院内感染を予防するためには滅菌が必要不可欠なことになるのです。

院内感染とは

院内感染とは
街中で病気に感染することを市中感染と言いますが、病院内で新しい感染症に感染するのを「院内感染」と言います。内科や小児科だけでなく、歯科診療所でも同じで、患者さん間での院内感染や歯医者さんを初めとする医療スタッフへの院内感染も気をつけなければなりません。
院内感染は防げるものなので、医療機関では院内感染対策に努めています。例えば、医療機関の入り口や病室に設置されているアルコール消毒です。高濃度のアルコールを使用して細菌の数を少なくし発症のリスクを減らします。しかし、院内感染は消毒や除菌では完全に防ぐことはできません。

院内感染を完全に防ぐには滅菌

消毒や除菌は細菌の数を少なくすることが目的ですが、滅菌は細菌をすべて死滅させることが目的です。数が少なくなるというよりも、細菌がいなくなれば院内感染のリスクを大きく減らすことができます。
では、滅菌とはどのようなものにされるのでしょうか。歯科医療器具(診療器具・治療器具)のほとんどは患者さんに使用後、洗浄して再利用されます。洗浄で血液や唾液など付着物を除去するだけでは細菌は死滅せず、微量でも残っています。歯科治療はその性質上、抜歯をする際や歯のクリーニングの際に出血を伴うことが多く、傷口を介して細菌が入るリスクが高いです。このときに感染してしまうと本来無菌状態である血液中に細菌が侵入してしまい、細菌感染が起きてしまいます。歯科医療器具は主にオートクレーブという方法で滅菌されます。血液中に細菌が存在することを菌血症といい、それが重篤化すると敗血症になってしまいます。

院内感染予防をすることの意義

院内感染予防をすることの意義
院内感染予防は患者さんに安心して治療を受けてもらうこととして必要不可欠なことです。一昔前の感染予防についての概念がなかった時は、歯科治療の際に医療器具の使い回しでC型肝炎を初めとする感染症が広まってしまったことが多く報告されましたが、今のご時世でそのようなことはありません。院内感染対策は医療スタッフが安心して働くことができる環境作りの一環でもあります。池田歯科では、治療をするときはマスクをして、患者さんごとにグローブを交換し、患者さんごとに医療器具を用意して新しいコップを準備するという今の歯科医療の形をとっていますが、感染予防をする上で最低限ですが必要不可欠の対策です。
診療時間変更のお知らせ
ビジネスフラッシュに当院が紹介されました

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

ドクターズファイル 池田 寛理事長

ドクターズファイルにて池田理事長のインタビューが掲載されました。

求人情報

あなたも池田会で働きませんか?

オンライン予約

Web上からお好きな時間に利用できるオンライン初診予約を提供しています。

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめております。お問い合わせ前にご確認ください。

メディア掲載

池田会のメディア掲載情報をご紹介。

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

2014年版 日本の歯科100選

社)日本医院開業コンサルタント協会が出版している「日本の歯科100選 2014年版」に池田歯科クリニックが認定され掲載されました。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 症例 | 料金 | コラム | お役立ちエリア情報 | 
| 求人情報 | インターネット予約 | よくあるご質問 | メディア掲載 | サイトマップ | 
^