お役立ちエリア情報

日本最古の入れ歯も木でできていた!江東区の木材・合板博物館で木の加工を学ぼう!

江東区は 、東京都23区の1つであり、東部に区分されています。江東区は隅田川と荒川に挟まれており、東京湾に面しているのが特徴的です。
東京というと、「建物に囲まれた街」というイメージを持っている方もいるかと思いますが、江東区は自然にも恵まれており、樹木なども多く植えられています。
今回は、自然に囲まれた江東区にある「木材・合板博物館」についてご紹介し、江戸時代に存在した木の入れ歯についても説明します。

木材・合板博物館とは

木材・合板博物館とは
木材・合板博物館とは 、その名の通り木材や合板を紹介している施設のことを言います。日本でも木材や合板を紹介している博物館は少なく、様々な体験ができるのは江東区の木材・合板博物館だけです。特に子供たちからは人気を集めており、社会科見学などで訪れる学校はたくさんあります。子供だけではなく、木材業者や建築、インテリアなどに興味がある方のために、研修プログラムなどを用意しているので、参加したい人は大人でも気軽に申し込めます。
社会科見学や、研修プログラムは随時開催されているので、休館日以外で時間がある方はぜひ参加してみてください。

木材・合板博物館の利用案内について

木材・合板博物館は 、新木場タワーの3F、4Fにあります。アクセス方法は、新木場駅から徒歩3分ほどの場所にありますので、できる限り公共交通機関を利用した方が便利でしょう。
木材・合板博物館は、入館料が無料なので、気軽に入館することができます。しかし、幼児および小学生の入場は保護者の付き添いが必要になるので、注意しましょう。
また、木材・合板博物館の開館時間は午前10時から午後5時までとなっています。休館日は月、火、祝、年末年始なので、休館日以外に足を運ぶようにしましょう。

■木材・合板博物館
東京都江東区新木場1-7-22 新木場タワ―3F・4F
電話: 03-3521-6600
営業時間:10:00~17:00(最終入館時間16:30)
定休日:月曜日、火曜日、祝日、年末年始(※都合により開館日・時間を変更する場合がございます。)   
ホームページ:http://www.woodmuseum.jp/index.html

日本は江戸時代から入れ歯が作られていた?

テレビドラマ などで徳川家康が入れ歯を使用しているシーンがありましたが、本当に江戸時代から入れ歯は使用されていたのでしょうか。結論から言うと、江戸時代では木ロウで型を取り、ツゲの木を使用して入れ歯を作っていたと言われています。なぜツゲの木を使用していたのかというと、抗菌作用があるからです。入れ歯は菌が繁殖してしまうと、口の中が雑菌だらけとなってしまい、様々なお口の病気のリスクが高まります。健康的な歯お口を維持するためには、抗菌作用のある素材を使用する必要がありましたが、それに当てはまる素材がツゲの木でした。当時は入れ歯として最適な素材だったため、活用されていました。
江戸時代には、今のような歯科医院はなく、入れ歯を作っていた職人も、歯には全く関係のない仏像を作る人でした。職人なので、仕上がりはとてもよく、多くの人たちのお口を支えていました。

江戸時代にピッタリと合う入れ歯はなかった!?

江戸時代では、 仏像を作る職人が入れ歯を作っていましたが、やはり歯にとって知識がない職人なので、どれだけ仕上がりが良くても、人によっては痛いと感じたり、サイズが合わなかったりと、完璧なものは存在しませんでした。
現在の入れ歯は、患者さん1人ひとりの歯の形に合わせて作ることができ、調節も可能です。入れ歯が合わないということはないので安心ですが、江戸時代の技術ではピッタリの入れ歯を作るのは難しく、人々は我慢をしながら使うのが当たり前でした。

入れ歯が合わないとどうなる?

入れ歯が合わないとどうなる?
高齢者の中には 、何度も歯医者に行くことが嫌だからと言ってサイズの合わない入れ歯を使い続けている方もいるのではないでしょうか。しかし、放置し続けることはお口にとってよくないことばかりです。具体的に合わない入れ歯を使い続けるとどうなるのか紹介します。

■しゃべりにくくなる
サイズが合っていないと、基本的には発音がしづらくなるので、上手くしゃべることができません。せっかく入れ歯を作るのならしゃべりやすくしたいと思う方が多いのではないでしょうか。入れ歯は、会話をするために重要な役割を果たすので、サイズが合わないという方はぜひ歯科医院を訪れてください。池田歯科クリニックでは、入れ歯が合わない方のために調整なども行っているので、悩んでいる方はお気軽にご相談ください。

■吐き気
入れ歯が合わないと、喉元の粘膜を強く刺激することがあり、嘔吐反射が起こる可能性もあります。特に起こりやすい人は、苦しい生活を送らなければならないので、すぐに歯科医院を訪れてください。

まとめ

入れ歯は、高齢者や歯がない人にとって大切な役割を果たしますが、サイズが合わないと様々なリスクがあります。実際に、現在でも入れ歯に悩んでいる方は多いので、少しでもおかしいと感じたら歯科医院に足を運んでみてください。

サイドメニュー

おすすめ歯科医院
ビジネスフラッシュに当院が紹介されました

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

ドクターズファイル 池田 寛理事長

ドクターズファイルにて池田理事長のインタビューが掲載されました。

求人情報

あなたも池田会で働きませんか?

オンライン予約

Web上からお好きな時間に利用できるオンライン初診予約を提供しています。

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめております。お問い合わせ前にご確認ください。

メディア掲載

池田会のメディア掲載情報をご紹介。

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

2014年版 日本の歯科100選

社)日本医院開業コンサルタント協会が出版している「日本の歯科100選 2014年版」に池田歯科クリニックが認定され掲載されました。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 症例 | 料金 | コラム | お役立ちエリア情報 | 
| 求人情報 | インターネット予約 | よくあるご質問 | メディア掲載 | サイトマップ | 
^