お役立ちエリア情報

江東区の歯科衛生相談で乳歯が生えそろう時期の子供の歯の虫歯リスクや歯磨き方法をチェック!

海外に比べて日本は、あまり歯の大切さを伝えられていません。実際に虫歯や歯周病の患者は多く、たくさんの方が歯科治療を受けています。大人になってから予防することも大切ですが、最も大切なのは、子供のうちから歯の手入れをすることです。
今回は、江東区で行われている歯科衛生相談の制度についてご紹介するとともに、子供のうちに気を付けたい歯の病気や歯磨きのコツなどについてご紹介します。

江東区で行われる歯科衛生相談とは何?

江東区で行われる歯科衛生相談とは何?
江東区では、歯科衛生相談が行われていますが、簡単に説明すると1歳から3歳までの子供を対象にした歯科検診や歯科相談です。年齢によって内容は異なるので、具体的に説明します。

■1歳児歯科相談
1歳の子供がいるご家庭では、誕生日の月に江東区から歯科相談の案内通知が届くので、時間がある日に保険相談所へお越しください。
内容は、歯科検診、子供と保護者の虫歯リスク判定、歯磨きレッスンの3つです。健康の歯を保つためには大切なことですし、保護者から子供に虫歯が移ることもあるので、特に親子で虫歯リスク判定ができることは魅力的です。お口トラブルのリスクを少しでも下げるために、1歳児になる子供がいる家庭は受診するようにしましょう。

■1歳6か月児歯科健康診査
1歳6か月になる子供がいる家庭では、歯科健康診査の通知が届きます。受け取ったらしていの医療機関を選択して受診することができます。池田クリニックでも歯科健康診査は行っていますので、お近くの方はお越しください。

■2歳児歯科相談
2歳児歯科相談は、誕生日の翌月に行うので、通知を受けたら保健所に足を運びましょう。内容は1歳児歯科相談の時と同じく、歯科健診、子供の虫歯チェック、歯磨きレッスンの3つです。

■3歳児歯科健康診査
3歳になると、歯科健診と合わせて身体の健診も行います。また、個別相談も行っているので、心配事や歯や身体のことでお悩み方は気軽に相談することができます。

1歳から3歳まで行っている歯科衛生相談は費用が無料です。健康な歯や身体を保つために大切な健診となっているので、通知が届いたら忘れずに足を運ぶようにしてください。

1歳から3歳までの歯の成長過程について

1歳から3歳までは、成長が著しく最も大切な時期だと言われています。その中でも歯の成長過程について知りたい方もいるのではないでしょうか。具体的にどのような成長過程なのかご紹介します。
まず、1歳の子供は乳歯が生えていますが、前歯が上下で6本ずつ、奥歯が上下左右合わせて4本あるため、合計で20本あるのが一般的です。しかし、あくまでも平均的な数字なので、本数は多少前後します。歯が少なくて心配に思う保護者の方も多いですが、1歳児は少しずつ歯が生えてくれば基本的には問題ありません。
2歳になると、多くの子供たちの歯に乳歯20本がそろいます。2歳児は、虫歯になりやすい時期と言われています。そのため、念入りに歯磨きをしなければなりません。乳歯で虫歯になると、永久歯にも影響し、将来健康な歯を保てなくなります。特に生えたばかりの歯はデリケートで虫歯になりやすいので、注意しましょう。
3歳になっても乳歯は柔らかく、虫歯になりやすいのが特徴的です。また、3歳になると色々な食べ物を口に運ぶようになるので、手入れをしないと細菌が溜まりやすくなります。また、3歳児はおしゃぶりなどの癖にも気を付けるようにしましょう。たまになら問題ありませんが、常に指しゃぶりをし始めると、将来的に歯並びが悪くなる可能性もあります。癖にならないように日頃から気を付ける必要があります。

1歳から3歳までのケアについて

1歳から3歳までのケアについて
1歳から3歳までで歯のケアは変わります。それぞれ年齢に合うケア方法についてご紹介します。
まず、1歳児は歯磨きでゴシゴシすると嫌がる可能性が高いので、ガーゼ磨きをして慣れさせるようにしましょう。滅菌ができるガーゼならしっかりとケアはできるので、保護者の方は忘れないようにするのがポイントです。
2歳児になるとおやつもたくさん食べ始めますので、隅々まで歯を磨く必要があります。この時期の子供は歯磨きを嫌がりますが、お母さんが優しく、丁寧に教えることで子供もしっかりと歯磨きをするようになります。歯磨きを嫌がるとお母さんも怒りがちですが、なるべく怒らないように、歯磨きができた時にはしっかりとほめてあげるようにしましょう。
歯ブラシの選び方は、なるべく歯に合わせて小さなタイプを選ぶことが大切です。また、歯磨きをしたくなるように、好きなキャラクターが付いた歯ブラシを買うことも歯磨きをさせるためのコツとなります。
3歳児からは、自分で歯磨きを身につける年齢となります。歯磨きは一生続く習慣なので、健康な歯を保つためにも保護者が見守りながら歯磨きをさせることが重要です。また、自分で歯磨きをし始めても、しっかりと磨けていない可能性があるので、定期的に歯医者に行くようにしましょう。池田クリニックでは、小児歯科も行っていますので、治療をしたい方はお気軽にご相談ください。

まとめ

歯の健康を保つためには、子供の時からしっかりとケアをすることが大切です。特に1歳児から3歳児までは保護者の力が必要不可欠なので、しっかりと指導し、歯磨きの習慣を身につけられるようにしましょう。
おすすめ歯科医院
ビジネスフラッシュに当院が紹介されました

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

ドクターズファイル 池田 寛理事長

ドクターズファイルにて池田理事長のインタビューが掲載されました。

求人情報

あなたも池田会で働きませんか?

オンライン予約

Web上からお好きな時間に利用できるオンライン初診予約を提供しています。

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめております。お問い合わせ前にご確認ください。

メディア掲載

池田会のメディア掲載情報をご紹介。

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

2014年版 日本の歯科100選

社)日本医院開業コンサルタント協会が出版している「日本の歯科100選 2014年版」に池田歯科クリニックが認定され掲載されました。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 症例 | 料金 | コラム | お役立ちエリア情報 | 
| 求人情報 | インターネット予約 | よくあるご質問 | メディア掲載 | サイトマップ | 
^