お役立ちエリア情報

野菜が歯周病に効果あり!?江戸時代は野菜の生産拠点だった江東区

歯周病は成人の男女の8割がかかる疾患で、最悪の場合歯を失ってしまう原因の一つとも言われます。
歯周病の怖い点は、虫歯と違い痛みが少なく自覚症状が現れにくいため自分でも知らない間に進行してしまうことです。このように大変怖い歯周病ですが、その予防には野菜が大きく関係しています。野菜と虫歯予防、歯周病予防の関係について詳しく見ていきましょう。

野菜の生産拠点江東区

野菜の生産拠点江東区
東京府南葛飾群にかつて存在した砂村は、東京都江東区東部に存在する旧地名で、現在の北砂、南砂、新砂、東砂にあたります。江戸時代の砂村は、農業生産地帯で多くの農家で野菜の品種改良が盛んにおこなわれ、たくさんの野菜が品種改良されました。主な野菜は、下記のようなものがあります。

・砂村早生茄子
・砂村キュウリ
・砂村一本ネギ

こうして数多くの野菜が品種改良されたことにより、「野菜の促成栽培発祥の地」とも言われています。

「野菜の促成栽培」とは?

野菜の促成栽培は、寛文年間(1661年~73年)の頃、農民松本久四郎が考案した栽培方法と言われています。
促成栽培は、落ち葉やゴミを埋積する際の発酵熱を活用して栽培する方法です。江戸市中から出るゴミを埋積し、熱を利用し野菜の種を早く撒く事で収穫を早めることができるため、効率よく栽培できるという利点があります。松本久四郎は、都市廃棄物であるゴミに着目し、それを農業生産に再利用するというリサイクルに成功し、後の野菜の栽培にも大きな影響を与えた人物です。
また、現在の東京都江東区北砂2丁目の明治通り境川交差点の近くにある、「志演神社」の石碑には、野菜の促成栽培の発祥地となった功績が称えられています。

促成栽培に適した土地と人々の努力

砂村は海岸に近いということもあり栽培に適した気候である「日照」にも恵まれ、また、夜間に気温が急激に下がらないという好条件が揃っていました。
さらに人々は、野菜の栽培に工夫を重ね周囲を防風垣やむしろで囲って風を防いだり、江戸のゴミや落ち葉を利用して発酵熱を出して地温を温めたり、炭火をおこし障子にえごま油を塗った油障子で覆いをしたりという工夫をしてきました。
このように、促成栽培に適した土地と、そこに住む人々の努力の甲斐があって砂村の促成栽培は盛んになったのです。

歯周病や虫歯予防には野菜が深く関わっている

歯周病や虫歯予防には野菜が深く関わっている
実は野菜を食べる事で虫歯や、歯周病の予防ができると言われています。その理由を詳しく見ていきましょう。

■唾液の分泌を促す
野菜をしっかりと噛むことで、口の中に多くの唾液が分泌されます。この唾液の分泌によって、口の中にあった菌は食べ物と一緒に胃へと流され、菌の増殖を防ぐことに繋がり、歯を健康に戻すことができるのです。
加えて、カルシウムやリン酸が多く含まれる唾液によって、虫歯によってできてしまった穴をもとに戻そうとする働きもあります。
また、口内が酸性のままだと菌が増殖し、虫歯ができやすくなりますが、唾液は口内を酸性から中和させる働きがあり唾液を多く分泌させるほど虫歯や歯周病予防に繋がります。

■野菜は食物繊維が豊富
さらに、野菜が歯周病や虫歯予防になると言われる理由として食物繊維が豊富であることが挙げられます。
野菜に含まれる食物繊維には、歯に付いた食べカスや、汚れを取り除く働きがあります。ちなみに食物繊維を多く含む野菜としては、下記のようなものがあります。

・レンコン
・シイタケ
・しめじ
・ゴボウ
・エノキ
・ブロッコリー
・かぼちゃ

また、野菜を摂取する際の調理の仕方にも工夫が必要です。これらの食材を切るときは、なるべく大きめに切り、煮たり、茹でたりする際は少し固めを意識して、噛む回数を多くする工夫をしましょう。
このように、日々の食事で野菜を多く摂る事や、調理の仕方を少し工夫するだけで、食事を摂りながら、歯周病や虫歯の予防ができるのです。

歯周病・虫歯予防のコツ

歯周病や虫歯予防に有効な食べ物や食生活のポイントを見てみましょう。虫歯や歯周病予防を考える場合には、まず歯を丈夫にする必要があり、その一般的な栄養素としてカルシウムがあります。
カルシウムは、歯や骨の形成を促したり、歯を丈夫にする働きがあるため、歯周病や虫歯予防として効果が高い栄養素です。
カルシウムを多く含む食品としては、牛乳、大豆、ひじき、イワシ、ヨーグルト、小松菜などがあります。また、カルシウムの吸収をさらに促す為には、適度な運動や日光浴も大切です。

まとめ

歯周病や虫歯予防は、日ごろからの歯垢の量を減らすプラークコントロールが大切ですが、食事に野菜を積極的に取り入れることでも予防することができます。
その際、調理の仕方や切り方などにもひと工夫を加えると、唾液の分泌を促したり、食物繊維の豊富な野菜を摂る事で、歯に食べカスが残りにくくなり歯を健康に保ちやすくなります。これを機会に日々の食生活を見直し、将来にわたり健康な歯茎や丈夫な歯を手に入れ80歳まで20本の歯を保つことを目指しましょう。
診療時間変更のお知らせ

\ カードも使えます /

\ カードも使えます /

5万円以上から利用可能です。
上記カード以外にもデンタルローンもございます。

デンタルローンについて

ドクターズファイル 池田 寛理事長

ドクターズファイルにて池田理事長のインタビューが掲載されました。

求人情報

あなたも池田会で働きませんか?

オンライン予約

Web上からお好きな時間に利用できるオンライン初診予約を提供しています。

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめております。お問い合わせ前にご確認ください。

メディア掲載

池田会のメディア掲載情報をご紹介。

マイクロスコープ&歯科用CT 精密治療

精密な歯科診療のためにマイクロスコープと歯科用CTを完備しております。

2014年版 日本の歯科100選

社)日本医院開業コンサルタント協会が出版している「日本の歯科100選 2014年版」に池田歯科クリニックが認定され掲載されました。

| ホーム | 初めての方へ | 池田会とは | 各医院案内 | 診療内容 | 症例 | 料金 | コラム | お役立ちエリア情報 | 
| 求人情報 | インターネット予約 | よくあるご質問 | メディア掲載 | サイトマップ | 
^